唇の筋肉「口輪筋」を鍛えると小顔と美肌が同時に叶う!

口輪筋のトレーニングで顔全体の老化をストップ!

口の中を健康にするだけでなく、肌のたるみやしわも防ぐ一石二鳥のエクササイズ

口輪筋に負荷をかけると、顔中の表情筋が鍛えられる

 「くちびるエクササイズ」は、もともと鼻呼吸を意識できるようにすることや、歯周病予防のために宝田先生が編み出した表情筋を鍛える体操。くちびるを取り囲む筋肉である口輪筋(こうりんきん)にうまく負荷をかけると、つながっている他の表情筋も連動して動かされるので、結果として顔中の表情筋を鍛えることになります。

 このエクササイズを始めて7年になりますが、これを実践して美人度がアップした人が続出したことから、本格的にヘルス&ビューティーエクササイズとして考案されたものです。その美人効果とは次のとおり。

(1)ほおやあごの周りの筋肉が引き締まって小顔に。視界が明るくなり、目が開きやすくなる。
(2)しわや毛穴が目立たなくなる。
(3)肌の血行がよくなり、新陳代謝が活発になって肌がきれいになる。むくみも解消される。
(4)口角が上がりやすくなり、笑顔が魅力的になる。
(5)筋肉のバランスが整い、ゆがみが矯正されて顔が左右対称になる。

さぼっている表情筋を鍛えてたるみやしわを撃退!

 顔の皮膚の下は、顔の表情をつくっている表情筋で覆(おお)われています。表情筋は24種類もの筋肉から成り立ち、顔面神経に支配されています。それぞれの筋肉は複雑に連携しながら表情や輪郭を作っていますが、表情豊かでよくしゃべる人でも、使われている表情筋は3割くらいといわれています。つまり、残りの7割の筋肉は使われずにさぼっていることになります。

 表情筋が衰えると、皮膚を支える力も弱まり、肌のたるみやしわとなってあらわれます。口輪筋の筋トレで、たるみやしわを解消、肌の老化にストップをかけましょう。

 まずは次の方法で口輪筋の筋力チェックをしてみましょう。
 500mlのペットボトルに水150ml(女性は100ml)を入れ、歯は使わずくちびるだけでくわえて下を向きます。10秒キープできないときは、口輪筋が衰えている可能性が。次に紹介するエクササイズで、口輪筋、ひいては表情筋を鍛えましょう。

4つのエクササイズで美人度アップ

 「くちびるエクササイズ」は、いつでもどこでもできてとても簡単! 正しい姿勢で行うこと、わずかな時間でも毎日続けることが大切です。左右の肩甲骨がくっつくくらい胸を張ったら、ストンと肩を落とした姿勢をとり、歯みがきのときや入浴中、食器を洗いながらなど、ながら時間を使ってできるときにやるのが長続きの秘訣。

●歯みがきエクササイズ →お肌にハリ、毛穴も目立たなくなる
 歯ブラシをくわえてくちびるを閉じ、ほおを思いきりすぼめたり、ふくらませたりします。くちびるを閉じたまま歯みがきをすると、口輪筋が鍛えられます。

●うがいエクササイズ →フェイスラインくっきり、すっきり
 『かたつむり』の歌をハミングしながらリズミカルにうがいをします。水なしの「空気うがい」なら家事をしながらでも。

(1)「でんでんむしむしかたつむり」のリズムに合わせ、右ほおをふくらませてうがいをする。


(2)「おまえのあたまはどこにある」で、うがい水を左ほおに移してうがいする。

(3)「つのだせ」で、くちびるの上部のみをふくらませてうがいする。


(4)「やりだせ」で、くちびるの下部のみをふくらませてうがいする。

(5)「めだまだせ」で、目を見開き、両ほおを思い切りふくらませる。


●『舌スイングエクササイズ』 →二重あごと首のしわ予防に
 胸の前で両腕を交差させ、首をゆっくり後ろにそらせて真上を向きます。舌を真上に向けて突き出し、左右に10回ほど往復させます。このとき、舌が口角にしっかりとぶつかるようにスイングさせ、目も一緒に左右に動かしましょう。


●はっきり読みエクササイズ →新陳代謝アップでお肌きれいに
 「ありさんあつまれアエイウエオア」、「かにさんかさこそカケキクケコカ」、「さかだちさかさまサセシスセソサ」など、口を大きく開けて一語一句はっきりと読んでいく発声練習法があります。滑舌(かつぜつ)の訓練に使われるこの方法は、表情筋を鍛えるのにも効果があります。顔全体を動かすように大げさに口を開け、目を見開いて行います。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
宝田 恭子先生


宝田歯科医院院長
日本アンチエイジング歯科学会理事、日本歯科人間ドック協会理事、日本歯科東洋医学会理事。日本歯周病学会、国際口臭学会、メディカルアロマテラピー研究会などに所属。くちびるエクササイズを歯科治療に積極的に取り入れ、顎関節症、ホワイトニング、義歯等、歯科治療と口元の美しさの関係に心を砕く。AGダンス等筋肉トレーニングの大切さを広める活動もしている。著書に、『宝田恭子の美人メソッド』(角川SSコミュニケーションズ)、『オーラル宝田メソッド』(朝日新聞社)など多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ほお&あごをスッキリさせて小顔に

ほおとあごをピンポイントでやせさせるワザを紹介します。集中的に刺激することで、代謝がよくなり、ひきしまります。どれも即効性があるから、1つだけトライしてもOK。 ほお 1.... 続きを読む

誰でも簡単!歯ブラシで表情筋アップ&ベロ回しで筋力アップ♪

頬のたるみが気になると、ほうれい線も目立ってきます。鼻から口にかけてのたった2本の線が、見た目年齢を一気に引き上げてしまいます。誰でも簡単!歯ブラシで表情筋アップ&ベロ回しで筋力アップ♪ 頬のたるみは解消できるの? 「年齢だから仕方ない... 続きを読む

余計な運動器具はいらない! タオル1枚で全身筋力アップ

そろそろコートが手放せなくなる季節。厚手のコートを着こんだり、寒さで縮こまると、血行が悪くなって肩こりの原因になります。また寒い冬は、ただでさえ体が脂肪をため込もうとするのに加え、暖房の効いた室内にばかりいると、消費エネルギーが減って確実... 続きを読む

滑舌の良さは関係ありや無しや?

検証その5
滑舌のよさは関係ありやなしや?
続きましては滑舌のテストをやってみましょう。 ちなみに「滑舌」は「かつぜつ」と読みます。ゴニョゴニョとしゃべる人に対して、はっきりとわかりやすくしゃべる人のことを「あの... 続きを読む

無表情で固まった表情筋!「ウキウキ体操」で、笑顔の筋肉にスイッチON

「美しく、えがおの大人として生きる」笑顔ある毎日を送れる秘密を伝授♪表情筋を鍛えて、豊かな表情と素敵な笑顔になりましょう。今回も「えがお体操」をご紹介しますね!笑顔の筋肉にスイッチを入れる「ウキウキ体操」!固まった表情筋を動かそう「笑顔... 続きを読む

顔筋トレはシワを増やす? シワを増やさない表情筋トレーニングのコツ

顔の筋肉は皮膚にくっついているため、むやみに動かすとシワが増加してしまいます。シワにならないケア方法を伝授!ポイントは数を重ねるより、じっくり数回行うこと! 顔の筋肉を刺激しすぎるとシワを増やすことに 体の筋肉と同様に、顔の筋肉もたく... 続きを読む

【えがお体操動画つき】顔の衰え防止!表情筋を動かすストレッチ&風船体操

今回も表情筋を鍛える「えがお体操®」でお顔のトレーニング★少しの時間ですぐにできるので、日常に取り入れてみてください!表情筋を鍛えて、豊かな表情と素敵なえがおを! 「えがお」でいる貴女こそが、ハッピーライフへの近道です!自分のためにも笑... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

しわ、たるみ予防にも!「抗糖化ダイエット」を成功させる食事方法

気温も高くなり、薄着の時期に。ダイエットしよう!と意気込んでいる方も多いのでは?「ダイエット」というと少し大変そうに聞こえがちですが、普段の生活で、これを少し意識するだけでダイエットに繋がります。 今回は、「抗糖化」についてご紹介致しま... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む