日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

昔の人の「和」の知恵で、夏を涼しく過ごしましょう

風鈴、打ち水、すだれ…。目や耳からも清涼感を味わう「ジャパニーズスタイル」を取り入れてみよう!

昔の知恵は、すぐれモノ揃い!

 蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか? 今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?

 昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土にふさわしい秀逸なもの。日常生活で実行しやすい工夫の数々をご紹介してみましょう。

打ち水・すだれ

 日本の夏の風習として、すこし前までおなじみだった打ち水。
 打ち水は、家のまわりに水をまいて、気化熱によって地面の温度を下げ、涼しさを得るというものです。これは、マンションのベランダなどにも応用できる知恵。あまりひんぱんに行うと、コンクリートを劣化させますが、夕暮れ時などに打ち水をすると、夜の涼しさが違います。

 また、ベランダや縁側には、すだれやバルコニーシェードなどで、日よけをすることをおすすめします。
 日光をさえぎり、日陰を作ると、室内に入ってくる風がぐんと涼しくなります。また、ベランダに木のすのこを置くなど、町家の知恵を取り入れるのも効果的。日射しを照り返すコンクリートと違って、太陽熱をやわらかく吸収してくれます。

うちわ・扇風機

 部屋に涼しさを呼び込むポイントは、風通しをよくすること。最近の住宅は気密性が高くできています。対角となる窓を開け、室内に風の通り道を作りましょう。

 防犯上、窓を開けるのはちょっと…という方は、うちわや扇風機を見直してみては?
 うちわや扇風機の風は、冷房と違って体を冷やしすぎません。扇風機をかけるときは、近くに置くより、体から1.5~2m離した方が効果的です。
 さらに、風のない日や蒸し暑い夜は、ベランダや窓の外に扇風機を置いてみましょう。冷えた外気を室内に送り込むだけで、涼しさがぐっと違います。

金魚鉢・い草のラグ

 昔の家庭では、よくガラスの金魚鉢で金魚を飼っていました。
 金魚を飼わなくても、花瓶などにガラスの容器を使って、目からも清涼感を味わってみませんか。
 夏の軒先に風鈴をつるしていたのも、ガラスのひんやりとした質感と澄んだ音から、昔の人が清々しさを感じとっていたのです。

 また、敷物やテキスタイルに、い草や麻など、夏にふさわしい素材を使うのもグッドアイデア。
 い草のラグを敷いたり、クッションカバーやシーツを麻にしてみるなど、触感からも暑さを解消したいものです。

ゆかた・扇子

 ゆかたを着ると、日本人であることを、ふと実感したりしませんか?
 着物は涼しさを感じやすくできていて、しかも単衣のゆかたは、身につけていてもそれほど苦しくありません。

 そして、夏の和装には扇子を持つのがお約束。ときには和装で出かけてみるなど、大人の女性として、優雅に“日本の夏”を楽しむ心を持ちましょう。

夏野菜

 昔の人は夏の食生活に、暑さによる邪気を抑える食物をうまく取り入れていました。私達もこれを参考にして、日々の暮らしを健康的に送りたいものです。

○体内で熱を抑える食材
キュウリ、スイカ、冬瓜、ナス、ビワ、トマト、セロリ

○暑さに抵抗力をつける食材
昆布、豆腐、貝類、苦瓜、レモン、メロン、そば

○湿気を取り、利尿作用をうながす食材
トウモロコシ、スイカ、しそ、トマト、そら豆、枝豆、あずき

 これらの食材を上手に活用して、身体の中から元気になりましょう。

 

日本には、日本の風土にあった夏を快適に過ごすための工夫がたくさんあります。
 冷房ばかりに頼らず、今年の夏は今までと少し趣を変えて「ジャパニーズ・スタイル」ですごしてみませんか。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    もっと気楽に!人間関係に疲れないための5つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 鏡で…
  3. 3 睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 仕事…
  4. 4 ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 学校…
  5. 5
    『大人のひきこもり』専業主婦のひきこもりが増加中?!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 若い…
  6. 6
    ドーナツに栄養はない!? 実は体によくない物質だらけ…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  8. 8
    真面目な人ほどストレスを感じやすい? ストレスと上手く付き合うコツ
    (編集・制作 (株)法研) 油断は禁物。長引くと社会生活に支障をきた…
  9. 9
    食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  10. 10
    仕事・ワンオペ家事育児で女性は疲労困憊!? 危険な過労のサインとは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと まか…
  11. 11
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  12. 12
    骨粗しょう症の予防にいい食べ物と、摂りすぎ注意の食べ物
    (編集・制作 (株)法研) 骨粗しょう症の予防にはカルシウムの多い食…
  13. 13
    体によさそうだけど、本当は“不健康”な食べ物9つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    がん予防・老化防止・疲労回復・美肌…緑茶には健康効果がいっぱい!
    (編集・制作 (株)法研) (「すこやかファミリー」法研より) 「…
  15. 15 喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    20代・30代の女性に増える『プチ更年期』こんな症状が続いたら注意を!
    (編集・制作 (株)法研) 原因はストレスや過剰なダイエット、過労な…
  16. 16
    これ以上もう無理!仕事を頼まれたときの上手な断り方、4つのポイント
    断り方のコツを練習しましょう たとえば、こんなことはありませんか? …
  17. 17 眠い・だるい・疲れやすい・集中力がない…原因は鉄分不足かも?
    ストレスや疲労を感じたら、自律神経を整えて心身をリセット!
    【執筆】ピースマインド・イープ 若尾秀美 季節の変わり目に、体調を崩…
  18. 18
    頑張り屋さんは“うつ”になりやすい?こんな性格の人はちょっと休もう
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 年々…
  19. 19
    ぽっこりお腹を解消! 姿勢美人になる2つのエクササイズ
    (編集・制作 (株)法研) (「きれいになる15分トレーニング」山岡…
  20. 20 産後の体重減少や激しい抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    お腹がポッコリしてきた…それは太ったのではなく卵巣の病気かも?
    (編集・制作 (株)法研) 卵巣は腫瘍ができやすい臓器。しこりや張り…

一覧