認知症の症状と接し方・心構え7つのポイント|症状緩和ケア

大切なのはその人を理解しようという気持ちで接すること

認知症高齢者への接し方の基本は、本人の形成している世界を理解し、大切にすること

認知症の症状には中核症状と、それに伴って現れる行動・心理症状がある

 認知症高齢者と接するには、認知症を理解することが必要です。前回の「認知症高齢者を理解するために」では、認知症の理解に必要な基本的な知識をお伝えしました。
 認知症は「治す」ことはできませんが、「緩和する」ことができる病気です。症状を上手く緩和することで、長期にわたってその人らしい生活を続けることができます。それには、認知症高齢者に対する私たち一人ひとりの接し方が大変重要な役割を持っています。

 認知症の症状は、認知機能の障害が原因で起こる「中核症状」と、それに伴って現れる「行動・心理症状」に分けられます。中核症状は認知症の人に必ず見られる症状で、「記憶障害」「見当識障害」「理解力、判断力の低下」「実行力障害」などがあります。見当識障害とは、今がいつなのか、ここはどこなのか、この人は誰なのかといった時間や場所、人物の見当がつかなくなる状態。実行力障害とは、長い間行っていた買い物や調理ができないといった状態です。
 こうした中核症状によって認知症の人は、これまでしてきたように一日を過ごすこと、生活リズムを整えることが難しくなります。

 一方行動・心理症状は、中核症状を背景に、本人の性格や生活環境、心身の状態、不適切な対応などさまざまな要因が加わって起こる症状で、BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)とも呼ばれます。不安・焦燥、うつ状態、幻覚・妄想、徘徊、興奮・暴力、異常行動などが見られますが、認知症の人なら誰にも見られるわけではありません。周囲のかかわりやケアの影響が大きいことが特徴で、対応の仕方で改善されることもあります。
 *行動・心理症状は、周辺症状(随伴症状)とも呼ばれています。

その症状がなぜ起こっているのかを考え、安心感を与えるコミュニケーションを

 徘徊や妄想などの症状は「問題行動」と捉えられがちですが、症状には必ず意味があり、なぜ起こっているのかを考えることが最も大事なことです。たとえば、周囲から見ればただ歩き回っているように見える徘徊も本人にとっては無意味な行動ではなく、「娘時代を過ごした故郷の家に帰ろうとしている」、「現役時代毎日通った職場に出かけようとしている」など、一人ひとりの行動にはそれぞれの意味があります。また、自分が置かれている環境やケアへの反発であることもあります。

 行動・心理症状に対して周囲の人は、不思議な行動に困惑し、しっかりしてほしいと願い、失敗や不可解な行動を叱ったり責めたりしますが、それによって本人はますます不安感や孤独感を増すことになります。その結果さらに行動・心理症状が出現し、認知症を進行させるという悪循環に陥ってしまうのです。

 認知症高齢者への接し方の基本は、本人の形成している世界を理解し、大切にすること、相手の心に寄り添い受容しながら信頼関係を養うことです。怒ったり責めたりごまかしたりせず、まずは相手の主張を受け入れること、それが混乱を収める最良の薬です。常に自分が相手だったらと考え、気持ちを察し、本人が安心できるコミュニケーションを心がけることで、行動も感情も落ち着きます。

【接し方の原則・心がまえ】
●自尊心を傷つけない
 物忘れや失敗を叱りつけたり頭ごなしに否定しない。教え込もうと説得しても効果はありません。

●本人の形成している世界を理解しそれに合わせる
 本人が今住んでいる世界を理解し大切にすること、その世界と現実とのギャップを感じさせないようにすることで、本人は安心し落ち着きます。ときには本人の世界に入り演じることも必要です。

●相手の主張を受け入れる
 現実とは異なっていても、本人の主張を受け入れる態度で接するとこだわりも消えます。正論を説いても理解できず混乱するだけです。

●やさしく愛情を持って接する
 認知症の人も感情は強く残っています。愛情のない接し方を敏感に見抜き、いやな感情だけが残ります。穏やかな気持ちになれるよう、よい感情が残るよう接することが大切です。そのためにはその人らしさに興味や関心を持ち、傾聴し、こまめに声をかけることです。

●通訳者としてのコミュニケーションを
 伝えたいこと、行動したいことを思い出すことができるように、さりげなくサポートしながらコミュニケーションをとりましょう。

●本人の習慣や役割を継続できるように接しましょう
 調理や掃除の一部などできることはしてもらい、感謝の気持ちを伝えましょう。誰かの役に立っているという自信を持ち、楽しさを感じることで脳も活性化します。

●生活のリズムを整えましょう
 食事をおいしく食べ、日光を浴び、日中は何かに興味を持って過ごし、夜は睡眠がとれるよう環境を整えましょう。

介護者中心のケアから、その人を中心にしたケアへ

 認知症のケアは、かつては食事、入浴、排泄といった身体介護が中心で、その後絵画や音楽、工芸などのアクティビティを中心とするケアへと移行しましたが、いずれも、本人よりも介護者の都合を優先して一斉に行うという集団対応的なケアでした。
 こうした介護者中心のケアに対し、イギリスの心理学者トム・キットウッドは「パーソン・センタード・ケア=その人を中心にしたケア」を提唱し、最近ではこの考え方が認知症ケアの主流となっています。つまり、介護者中心のケアの失敗を経て、認知症の人を中心にしたケアが行われるようになったのです。

 現在、認知症の症状緩和のために音楽療法、回想療法、化粧療法、園芸療法など、五感を刺激するさまざまなセラピーが行われています。
 また、最近は日本でも「タクティールケア」という手法(「タクティール」とは触れること)が多くの現場で取り入れられるようになりました。タクティールケアは1960年代にスウェーデンで始まり、がん患者の痛みの緩和ケアなど医学的にも有効性が実証されているケアです。手や足を柔らかく包み込むようになでることにより、不安感やストレスを軽減させる「オキシトシン」というホルモンが分泌され、認知症高齢者の不安を和らげるというものです。
 そのほか足浴やハンドマッサージ、リフレクソロジーなども不安を和らげたり興奮を鎮めたりして、ケアに役立っています。就寝前のマッサージや肩もみなど優しいタッチケアは、ご家庭でもすぐに実践できますね。

【参考】
タクティールケア:ご家族向けの講習会も開催されています。

 認知症高齢者にとって、私たち一人ひとりの接し方が大変重要な役割を持つことがご理解いただけましたでしょうか。介護者が学び、理解することで介護の負担は激減します。発症後数年経過しても行動・心理症状がなく穏やかな表情で生活のリズムを保っている方もいます。たとえ認知症を発症したとしても自分らしく生きられること、健康な生活を送れることを目指して支援していくことが大切です。
 次回は徘徊、妄想など具体的な症状別に対応例をお伝えします。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


ケアコンサルタント
ケアマネジャー、看護師、産業カウンセラー、福祉住環境コーディネーター2級。1984年より13年、大学病院、高齢者住宅(聖路加レジデンス)などで看護師として勤め、三井不動産(株)ケアデザインプラザの立ち上げに参画。現在はUR都市機構や各企業の高齢者、介護関連のアドバイザーとしても活躍し、シニアライフに関するコンサルティングの他、講演、執筆も多数。高齢者支援のみならず、支える人を支えるメッセージを各方面に発信している。希望は心と心を結ぶケアを広げていくこと。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。2008年より自身も父親の遠距離介護を体験中。

認知症の症状と接し方・心構え7つのポイント|症状緩和ケア 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ゆっくり噛んで味わうと記憶力UP? よく噛んで老化をスットプ

食べものを噛(か)むという行為は、文字通り食べものを噛み砕き、すりつぶして飲み込みやすくし、胃腸での消化・吸収を良くします。さらに、頭の働きも向上させるということをご存じの方も少なくないでしょう。好きなものを食べて満足し、おまけに頭の働き... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

高次脳機能障害とは-症状や3つの主な原因|社会支援制度など

私たちの周辺には、怒りっぽい人、物覚えがよくない人、約束をしょっちゅうすっぽかす人などが時々います。しかし、この人たちは周囲から、「困った性格だ」などとため息をつかれはするでしょうが、病気とまでみなされることはほとんどないでしょう。
と... 続きを読む

認知症-老化との違いとは? 適切な初期治療で症状緩和も

私たちの脳は日常のあらゆる活動をコントロールしている大切な司令塔です。
認知症とは、なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり働きが悪くなることによって、記憶や分析・判断、実行といった認知機能が障害され、生活上の支障をきたす状態です。 ... 続きを読む

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」に... 続きを読む

ダメ男にハマってしまう心理と対策とは?

ダメ男との恋愛は、意外にも多くの女性がハマりがちです。なぜ彼らはこうも、女心を掴んで離さないのでしょうか? 今回のコラムでは彼らダメ男にハマってしまう原因と、そこから抜け出すための対策についてご紹介します。ダメ男にハマってしまう心理と対... 続きを読む

うつ病に似ている「職場不適応症」とは-出勤前の抑うつがサイン?

近年「職場不適応症」が急増しています。「職場不適応症」は、「新型うつ」という呼び名でメディアなどでは紹介されていますが、国際分類では「適応障害」に相当します。
適応障害とは、生活上の負担や環境にうまく適応できず、心身にさまざまな症状が表... 続きを読む