歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

食べ物を噛み砕く、発音を助ける、体の姿勢やバランスを保つ

「食べる」を支える以外にも大きな役割を果たす歯はQOLを左右。歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病

表面は硬いエナメル質に覆われ、内部には神経が通る

 私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)で噛(か)み切り、その脇の犬歯(けんし)で引き裂き、奥歯の小臼歯・大臼歯で噛み砕くなどして胃へ送り込んでいます。こうして細かく粉砕された食物は消化管で消化・吸収されやすくなり、私たちの体に栄養が補給されます。

 歯の構造を見てみると、目に見えている部分と、歯ぐきに埋まって見えない部分があり、前者を歯冠(しかん)、後者は歯根(しこん)といいます。歯冠の表面はエナメル質で覆われ、その硬さは水晶並み、人体で最も硬い組織とされています。その硬さで、物を噛むときには自分の体重ほどもかかるという力に持ちこたえています。
 歯根の表面を覆うのは骨と同じ構造をしたセメント質で、エナメル質ほど硬くはありません。エナメル質やセメント質の内側は象牙質(ぞうげしつ)という組織で、やや軟らかいため虫歯に侵されやすい部分です。

 象牙質の中心部には歯髄(しずい)があり、神経や血管、リンパ管などが通っています。虫歯が象牙質からこの歯髄にまで進むと、痛みを感じるようになります。よくいう歯の「神経を抜く」とは歯髄を除去することですが、歯髄は痛みを感じるだけでなく、象牙質に栄養を補給して再生を助ける働きをしているため、歯髄を抜かれた歯はもろくなり、やがて歯冠が欠けたり、歯根が折れたりして歯を失いやすくなります。

歯を支える歯周組織の病気も歯を失う原因に

 歯のまわりで歯を支えている組織を歯周組織といい、歯肉、その下の歯槽骨(しそうこつ)、セメント質、セメント質と歯槽骨の間の歯根膜から成っています。歯周組織に炎症が起こる病気が歯周病で、進行の程度により歯肉にだけ炎症が起こった「歯肉炎」と、歯周組織全体に炎症が進んだ「歯周炎」に分けられます。歯周病がひどくなると歯を支える歯槽骨が溶けて、やがて歯は抜け落ちてしまいます。

 歯根膜は歯根と歯槽骨をしっかりつなぐとともに、ものを噛んだとき歯槽骨への衝撃を吸収するクッションの役目をしています。また、歯根膜にも神経が通っていて、歯ごたえや歯ざわりを感じて脳に伝えています。歯が抜けると歯根膜も一緒に失われ、人工歯には歯根膜と同様の働きは望めません。

「噛む」だけでなく、顔の表情や大脳の働き、発音にもかかわる歯の役割

 さて、歯の役割は噛むことだけではありません。食物を噛むことで唾液(だえき)の分泌を盛んにします。その唾液は、食物と混ざり合って食物を飲み込みやすくし、また消化を助けるとともに口の中を清潔にする作用もあります。食物の味をキャッチするのは舌の役割ですが、噛んだときの歯ごたえや歯ざわりといった感覚も、広い意味で味覚を形成しているといってよいでしょう。

 食べること以外でも、歯のもつ役割は小さくありません。噛むという機械的な刺激は頭や顔の骨と筋肉の発育を促すので、顔の表情を豊かにします。噛む刺激は大脳にも伝わり、その働きを活発にする効果もあります。逆に、虫歯や歯周病を放置して片側の歯ばかりで噛んでいると顔の形が左右アンバランスになりかねません。また、噛み合わせが悪いとあごの骨に負担がかかってあごの関節に不調をきたし、肩こりや頭痛なども引き起こすことがあります。

 虫歯などで歯を失ったまま放置しておくと、そのスペースに残された歯が移動して噛み合わせが狂います。そうでなくても、小さくなった現代人のあごでは、永久歯が過密状態で生えてくるため歯並びが悪くなりがちで、噛み合わせにも悪影響が出てきます。
 噛み合わせが悪いとスポーツのパフォーマンスにも影響してくるようです。ラグビー選手がマウスピースを装着しているのは、頭に衝撃を受けるときに歯を強く食いしばることができ、そうすることで首の筋肉の活動が高まって脳しんとうの予防や軽減に役立つからだとか。また、スキー競技などでは、マウスピースで左右の噛み合わせのバランスを整えると、体のバランス感覚も高められるといわれます。

 言葉の発音にも歯は関係しています。上の前歯がなければサ行の「さしすせそ」が、奥歯がなければハ行やラ行が発音しづらくなるはず。下あごが前へ出ているいわゆる受け口だと、上の前歯と下くちびるが触れ合うアルファベットの“f”や“v”は発音しにくくなります。

歯はQOLを左右する。毎食後必ずブラッシングを

 健康な歯をできるだけ多く残すことは、QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)を維持するのに大変重要です。厚生労働省の調査でも、40歳以上の人たちで歯が20本以上残っている人では、19本以下の人より「何でも噛んで食べられる」と回答した割合が高かったそうです。また、噛む能力とQOLの関係でも、よく噛めている人のほうが噛めていない人よりQOLが良好という人の割合が高かった、という調査結果が出ています。

 そうはいっても、日本人では早い人だと30歳代半ば頃から歯を失い始めているという現実があります。歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病です。そしてそれらをもたらす元凶は、プラーク(歯垢=しこう)という食べ物カスをエサに増殖した細菌の塊。これを毎食後にブラッシングでていねいに取り除くことが、歯の健康維持には何よりも重要です。

 水で口をすすぐくらいではプラークは取り除けません。取り損ねたプラークは2日で硬くなり始め、約2週間で石灰化して歯石になります。歯石の表面はザラザラしているので、その上にさらにプラークが着きやすくなります。歯石になってしまうとブラッシングでは取り除けませんから、日頃から定期的に歯科医院でチェックを受け、取り除いてもらうことが歯を失わない第1歩といえるでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大倉 一徳先生


おおくら歯科口腔外科 院長
1987年北海道大学歯学部卒業。東京医科歯科大学歯学部附属病院第2口腔外科、焼津市立総合病院歯科口腔外科、東京医科歯科大学助手を経て、2002年~2007年同大学歯学部附属病院客員臨床教授。2002年おおくら歯科口腔外科 開業、現在に至る。日本口腔外科学会認定口腔外科専門医。むし歯や歯周病などの治療から、親知らず、口内炎、顎関節症、インプラントなど、口腔外科専門医による診療を通し、お口(口腔)の健康を維持することで全身の健康にも寄与。また、一生涯健やかな人生を過ごせるよう予防やメインテナンス(定期健診)も行っている。

コラムに関連する病名が検索できます。

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  2. 2
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  3. 3
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  6. 6
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  8. 8 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  10. 10 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…
  12. 12
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  15. 15
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…
  17. 17
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  18. 18
    ひとりぼっち…誰もわかってくれない…と感じたらー不安の応急手当
    【執筆】石野朝子カウンセラー 「こころのひとりぼっち感」を抱えて…
  19. 19 疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …

一覧