貧血に効く漢方と養生法

つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

鉄分をとり、血を補う



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

おもに、めまい、立ちくらみなどの症状がありますが、血液検査によって貧血を指摘されるまで貧血の自覚症状がない人も珍しくありません。

貧血が起こる原因は、栄養不足、胃腸の消化吸収の不良、過多月経などによって、血が不足している血虚(けっ きょ)の状態だと考えられています。

とくに女性は、月経による出血があるので、貧血になりやすいと言えるでしょう。

漢方処方

貧血を起こす根本的な原因を探り、個々の体質に合わせた治療を行います。

貧血が続いている場合は、ある程度、長期間にわたって根気よく体質を改善する治療を行う必要があります。

また、食事で鉄分を多くとるよう心がけましょう。

*疲れやすく、顔色が悪い場合

体力が衰えている人にも処方できる十全大補湯(じゅう ぜん たい ほ とう)を処方します。ここに使われている生薬(しょうやく)の地黄(じ おう)、芍薬(しゃく やく)は、いずれも血を補う作用があり、大病後の体力回復にも使用されています。

*疲れやすく、食欲不振がある場合

体力が弱く、食後に胃もたれや下痢などがある人には、消化不良などによる胃腸の調子をととのえる作用がある四君子湯(し くん し とう)を処方します。四君子湯には、余分な水分をとりのぞく作用もあり、気、血、水のバランスがととのうことで、体内の消化吸収機能が改善されます。

*食欲不振、不眠、不安感などがある場合

加味帰脾湯(か み き ひ とう)を用います。貧血の症状を改善するだけでなく、酸棗仁(さん そう にん)や竜眼(りゅうがん)、遠志(おん じ)という、精神的な興奮を抑える作用のある生薬が使われています。

*月経量が多い、もしくは冷えがある場合

冷えや月経不順を中心とした体調不良に伴う諸症状には、婦人科系の疾患の多くに使える漢方薬、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。婦人科系の疾患の代表的な処方で、血を補い、体の余分な水分を排出して、体を温めます。

"


西洋医学の考え方

症状

めまい、血色不良、動悸、息切れ、疲労、倦怠感などの症状があらわれますが、自覚症状がない場合もあります。

貧血とは、血液中の物質、ヘモグロビン(血色素)の値が正常よりも少なくなっている状態をさします。ヘモグロビンは、血の流れとともに体のすみずみに酸素を運ぶ重要な役割をしていて、このヘモグロビンが減ると、体内の酸素が不足して貧血が起こると考えられています。

たくさんの出血を伴う過多月経だけでなく、無理なダイエット、インスタント食品などのとりすぎなどによる、鉄分不足も貧血の原因になります。その他、具体的な病気によって貧血が起きている場合もあります。

対処法

貧血を起こす原因となる婦人科系や消化器系のがんや血液の疾患がある場合は、病気に対する治療を行います。

とくに具体的な病気がない場合は、鉄剤を処方して経過をみます。

また、生活面では、魚介類、肉類、大豆製品などの良質なタンパク質と、鶏や豚のレバーのような鉄分を多く含んだ食事、そして、鉄分の吸収をよくするビタミンCの摂取をおすすめします。


「肌荒れ、目のクマ、貧血」を食材で改善-血と水を巡らせる

血を補い、血と水を巡らせる





おもな原因は、血虚と瘀血

肌荒れ、目のクマ、貧血は、それぞれ異なる症状ですが、おもに、血の不足である血虚(けっ きょ)か瘀血(お けつ)の状態だと考えられます。顔色は、基本的に、血の状態があらわれたものです。顔には毛細血管が集まっていて、とくに、目の下の皮膚は薄いので、目のクマが目立つのはこのためです。

また、肌荒れ、目のクマは、便秘が原因の場合があります。目のクマは、貧血が原因の場合もあります。「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、体の中の状態があらわれやすい場所なのです。

なお、肌荒れの状態が、乾燥している場合は、水の巡りが悪い水毒(すい どく)の場合もあります。

血を補い、巡らせる食材

肌のかさつきは、血虚と水毒の状態だと考えられます。貧血のおもな原因も血虚です。

血を補う食材はたくさんあります。豆類や種実類では、黒豆、アーモンド、黒ゴマ、松の実など。野菜では、枝豆、キクラゲ、シメジ、人参、パセリ、ホウレンソウなど。果物では、プルーン、桃など。魚介類では、ウナギ、鮭、ブリ、マグロ、サバなど一般的なものです。肉類では、牛肉、牛レバー、豚肉、豚レバーなどです。

体を温める作用や、鉄分を多く含む食品が多く、手に入りやすいものばかりです。

体液を補い、潤いを保たせる食材

肌荒れの中でも、かさつきがある場合は、潤いを保たせたいものです。おすすめの食材は、レンコン、白菜、豆腐などです。この、白菜、豆腐に大根を加えた三つの食材を、中国では、「養生三宝」と呼び、不老長寿の食材としても知られているそうです。

そのほか、肌を美しく保つ作用のある代表的な食材は、ハトムギ、トマト、豆乳、クルミ、サクランボ、イチゴ、レモンなどです。

とくに、ハトムギとクルミは、代表的な食材と言ってよいでしょう。ハトムギは、吹き出物など、肌の凹凸をなめらかにする作用があります。クルミは、還暦をすぎても弾力のある肌だったと言われている西太后も好んで食べていたそうで、中国には、「美肌を保つにはクルミを食べる」という言い伝えがあるそうです。実際、血行をよくする作用があり、脂質が多く、腸を潤します。

ただし、カロリーが高いので、食べすぎには注意しましょう。

血を巡らせる食材

目のクマのおもな原因は、血が滞る瘀血の状態だと考えられますので、対応として、血を巡らせる食事が基本になります。大豆製品では、黒豆、納豆がよいでしょう。野菜では、タマネギ、クレソン、オクラ、菊花、菜の花、ニラ、パセリ、などです。

果物や種実では、プルーン、ブルーベリー、桃、栗、カカオなど。魚介類では、イワシ、ウナギ、鮭、サンマ、シシャモなど。肉類では、牛肉に血を巡らせる作用があると言われています。

このほか、いろいろな料理に使える香辛料、調味料として、サフランや酢があります。サフランは、高価な食材ですが、ごく少量でもサフランライス、サフランティーなどで楽しめます。また、サフランは、漢方薬でも、番紅花(ばん こう か)という生薬(しょう やく)として使われています。精神の安定や、寝つかれないときなどによく作用すると言われています。

酢は、安くて、どの家庭にもある調味料ですので、どんどん活用しましょう。酢の酸味が気になる場合は、酢を沸騰させて煮切ると、酸味が気にならなくなります。


その他の章の記事 - 女子漢方