夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

自分さえ我慢すれば・・・と思うことはありませんか?

 

 人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。
しかしそれらのことは、DV(ドメスティックバイオレンス・配偶者からの暴力)として一般社会でも問題になっていることと同じものかも知れないのです。昨年1年間に、警察に寄せられたDVに関する相談は、1万8千件を超えており、その被害者の98%以上は女性です(平成18年 警察庁調べ)。

DVの形

 DVは様々な形をとります。例えば、夫が妻の日々の行動や交遊関係を細かくチェックしたり干渉する、「誰のおかげで生活できると思っているんだ。」等威圧的な態度を取る、生活費を渡さない、こちらから何を言っても無視して口をきかない、妻の仕事を辞めさせたり外で働くことを認めない等、精神的・心理的ないやがらせや攻撃を加えてくる場合があります。更に物を投げつける、殴ったり蹴ったりする、引きずり回す、刃物を突きつける等の身体的な暴力や、いやがっているのに性関係を強要したり、避妊に協力しないといったパターンもあります。
 常にこのような状態が続くわけではなく、一度爆発した後には普段以上に優しい態度を取ったり、反省するそぶりを見せたりすることもあるようです。ただその期間は長続きせず、またイライラとした態度を見せるようになり、再び爆発へとつながるサイクルがあるとも言われています。

被害者への影響

 被害に遭った側は、「自分がいけなかったのでは」「夫が自分のことを思ってくれているからでは」、または「優しいところもあるのだから悪い人ではない」「いつか変わってくれるだろう」等、自分自身を納得させることもあるようです。しかしそのままにしておいても、暴力が止むことはありません。また実際に暴力を受けなくても、ちょっとしたことで過去の記憶が恐怖感と共によみがえり、抵抗することが難しくなったりします。夫の顔色を伺いながらの生活の中で、無力感にさいなまれたり、経済的な問題や子供のことなどもあって、具体的な行動(夫の元から逃げる、離婚する等)に踏み切れない場合も少なくありません。身体の傷は癒えても、精神的なショックとダメージは消えづらく、気持ちが不安定になったり、体調を崩してしまう場合もあります。子供にも多大な影響を与えます。

個人的な問題でないDV

 このような問題が起きたら、自分だけで抱え込んだりせず、相談したり助けを求めることが重要です。周囲からは、「夫婦の間にはよくあること。大した問題ではない。」「あなたが我慢すればいいことだ。」「もっと夫をいたわるべき」等の反応が返ってくることがあります。しかしDVは根本に男尊女卑の意識が残る人権問題であり、決して個人的な問題ではありません。法律によって、被害者を守る方法もあります。

 自分自身には起きていない場合でも、もし身近なところで見聞きしたり、相談されることがあったら、話しをよく聴き「あなたは悪くない」というメッセージを伝えたり、専門機関への相談を勧め、被害者を孤立させないことが大事です。

参考資料:
「配偶者からの暴力被害者支援情報」
(内閣府男女共同参画局 http://www.gender.go.jp/

「配偶者からの暴力事案の対応状況について」
(警察庁 平成19年3月8日発表 http://www.npa.go.jp/safetylife/index.htm

 

【執筆】
京嶌千香子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  2. 2
    熱中症になりやすいのはどっち? 汗が多い人と汗が少ない人
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 連日…
  3. 3
    人前でうまく話せない人に…上手に話せるようになる5つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】日本話し方センター副所長 山…
  4. 4
    諦めてたガッチリふくらはぎがほっそり脚に!?ヘアゴムダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 足の…
  5. 5
    傷口に消毒液は使ってはいけない? キズの治療の新常識
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】夏井 睦先生 傷の治療センタ…
  6. 6
    効率よく痩せるウォーキングのやり方|1日で何分歩くといいの?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】宮崎 義憲先生 東京学芸大学…
  7. 7
    これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  9. 9
    スーっとして気持ちいい!ハッカオイルの活用法|臭いや汗に便利!
    (編集・制作 (株)法研) 鎮痛作用や冷却作用のあるミントの効能。部…
  10. 10
    寝苦しい熱帯夜を乗り越える!快眠のための4つの秘訣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠れ…
  11. 11
    寝苦しい夜をぐっすり眠るには?クーラーなしで涼むための知恵
    (編集・制作 (株)法研) ちょっとした工夫でひんやり、リラックス。…
  12. 12
    アウトドアで注意すべき虫|こんな症状がでたら病院へ!刺された時の対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夏休…
  13. 13
    油断できない加齢臭より強烈なミドル脂臭|女性もやるべき体臭対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  16. 16
    その夏バテ症状『かくれ脱水』では?放置すると熱中症の恐れも…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体が…
  17. 17
    汗をかけない人ほど臭いに注意!臭わない体作りのポイントは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18
    汗をかいたあとの嫌なニオイ…服が臭わなくなるお手軽な方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 洗っ…
  19. 19 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  20. 20
    うつ病になる女性が男性の2倍も多い理由とは?心の病の男女差
    (編集・制作 (株)法研) うつ病になる女性は男性の2倍。性差におけ…

一覧