3月1日から8日は「女性の健康週間」 健康管理や早期治療のために

産婦人科医が、女性の健康を生涯にわたって総合的に支援

母から娘、さらにその娘へとつなげる健康のバトン。女性の元気を支える産婦人科医を健康パートナーに持とう

女性が健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすために

 3月1日から8日は「女性の健康週間」です。それに先立ち開催された記者説明会で、女性の健康週間委員会委員長である清水幸子氏により趣旨説明が行われ、引き続き堀口貞夫氏(主婦会館クリニック院長・元愛育病院院長)により「現代女性のための基礎体温活用術」、北出真理氏(順天堂大学医学部産婦人科学講座准教授)により「若年層に増えている子宮内膜症の病態と治療法」と題した講演が行われました。

 「女性の健康週間」は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたり総合的に支援することを目指して、2005年に(社)日本産科婦人科学会および(社)日本産科婦人科医会が提唱したものです。3月3日の「ひな祭り」、3月8日の「国際女性の日」を含む1日から8日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、支援・啓発活動をスタートしました。
 2008年からは厚生労働省も活動に加わり、女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するために、「女性の健康週間」を国民運動として、国や地方公共団体、関連団体が一体となり、さまざまな活動を展開していくことにしました。

女性の元気が、社会の元気の源

 「女性の健康週間」のシンボルマークは、“women”の“w”をモチーフに、上部に「マル」を3つ並べることで母と娘、さらにその娘の3代を意味し、また、女性の「体」、「頭」、「心」の3つのテーマを示すことにより、産婦人科医による女性の「生涯の健康」を「総合的」にサポートする姿勢を表しています。

 家庭にあっても、職場にあっても、地域社会にあっても、健康を守るキーパーソンは女性であるといっても過言ではありません。その女性自身が生涯を通じて元気であることが、社会全体の元気の源といえます。
 しかし近年、女性を取り巻く環境が大きく変化し、女性のライフタイルも大幅に変化してきたことで、女性が生涯を通じて元気でいることが容易ではなくなってきたことも事実です。

 仕事を持つ持たないにかかわらず、何らかの形で社会参加している女性が増え、忙しく動き回る女性を多く見かけるようになりました。男性と同じような働き方をしている女性も増えました。
 それに伴って、心身に受けるストレスも単純ではなく、複合的になっています。また、食生活の欧米化、体格の変化などもあり、女性の病気や悩みも複雑・多様化しています。

 もともと女性は、一生のうちに思春期、性成熟期、更年期、老年期といった大きなライフサイクルがあるため、女性特有の心身の変化が起こりやすく、それに伴って心身の不調を感じる女性も多くなっています。
 何か大きな病気が疑われて初めて受診するというよりは、こういった心身の不調をがまんせずに、気楽に産婦人科を訪れ、健康管理や早期治療につなげてほしいものです。

 この「女性の健康週間」をきっかけに、女性の皆さんが自分の健康への関心を高め、体の状態や仕組みについての知識を得、より健康で幸せになっていただきたいと、産婦人科医たちは願っています。
 自分の健康を見直すと同時に、かかりつけの産婦人科医を持っていない人は、ぜひこの機会に、女性の生涯にわたる健康パートナーとして、産婦人科医をかかりつけ医に持つことをおすすめします。

「女性の健康週間」に健康手帳の配布やセミナー開催が

 「女性の健康週間」の期間中には、ポスターや女性の生涯健康手帳の配布が行われるほか、市民公開講座や産婦人科医による健康相談などが開催されます。
 市民公開講座は「女性の健康週間」の期間に限らず、年間を通じて全国各地で開催される予定です。詳しくは、(社)日本産科婦人科学会のホームページでご確認ください。

【期間中の主な配布活動】
●『女性の健康週間ポスター』2010年版の配布
●『女性の生涯健康手帳』2010年版(A6サイズ)の配布
 自分の健康状態をセルフチェックし記入することで、健康管理の意識を高めるとともに、産婦人科を受診する際に提示することで医師とのコミュニケーションツールとして役立てることができます。女性の健康週間中のイベントで配布されるほか、3月から産婦人科を訪れる女性に配布される予定です。

【期間中の主なイベント】
●丸の内キャリア塾 女性の健康週間特別セミナー
会場:東京ステーションコンファレンス(サピアタワー5階)サピアホール
(1)3月1日(月)18時45分から20時30分
 テーマ「更年期はコワクない! 女性ホルモンのすべてを知って輝こう!」
(2)3月3日(水)18時45分から20時30分
 テーマ「子宮頸がんは100%予防できる! 最新情報を知って自分を守ろう」
(注:いずれも2月24日申し込み締め切りました。席にゆとりがあれば、当日参加も可)

●女性の健康広場in名古屋
会場:テレピアホール
3月7日(日)14時から16時(開場13時30分)
テーマ「結婚も、子どもも、仕事も! 欲張りな人生は健康から。」
(注:2月21日申し込み締め切りました。席にゆとりがあれば、当日参加も可)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
清水 幸子先生


亀田メディカルセンター 主任産婦人科部長
女性の健康週間委員会委員長
医学博士、産婦人科専門医。昭和大学医学部卒。1990年米国留学などを経て2002年、医療法人鉄蕉会亀田メディカルセンター主任産婦人科部長に就任、現在に至る。2005年の「女性の健康週間」活動スタート時より委員を務め、委員長として3年目となる。社団法人日本産科婦人科学会総会副議長。

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧