4月17日
顔のたるみは顔筋運動とコラーゲンで予防

顔がたるむ大きな原因は、顔の筋肉「顔筋」の衰え。顔たるみの解消には、この顔筋を動かすことが大切です。「あ・い・う・え・お」を発音する口の形で、口を大きく開けると顔の筋肉が鍛えられます。特に目の周りは、土台となる骨がない分、とてもたるみやすい部分。その対策としては、肌組織の合成に働くコラーゲンを摂ること。魚や鶏肉の皮に豊富に含まれています。またゼラチンや煮こごりには、コラーゲンがたっぷり。意識して摂りましょう。

前へ

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。