10月17日
レモンや酢をとって疲れにくい体に

私たちの活動を支えるエネルギー生産の仕組みに「クエン酸回路」があります。体内に入った食物は、いくつか形を変えて「クエン酸」に。これがさらに代謝を繰り返す過程で、エネルギーが生まれます。レモンや酢にはこのクエン酸が含まれており、摂取することで疲れにくくなるとされています。

前へ

バックナンバー

2018年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。