11月30日
寝る前に手足を温め自律神経のバランスを整える

交感神経と副交感神経から成り立っている「自律神経」。その2つのバランスが乱れると様々な不調が現れます。そこで、自律神経のバランスを整えるために、寝る前に40度前後の湯船に浸かること。それができなかったり、お風呂に入ってから時間がたって体が冷えてしまった時は、手と足だけでもお湯につけて温めましょう。手足が温まってリラックスすると、副交感神経が優位になって深く眠ることができます。

前へ

バックナンバー

2018年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。