1月11日
胃腸の調子を整えて便通を促す白菜

霜が降りた後の白菜は美味しいと言われますが、それは寒さで凍らないように、白菜自身が成分中のでんぷんを糖に変えるため。白菜は薬膳で、消化を助けて胃腸を休ませ、利尿作用や便秘改善の効果があるとされます。白菜は火を通すとかさがぐんと減り、たくさんの量が食べられるので、今の季節は鍋に入れてどんどん食べたいものですね。

前へ

バックナンバー

2019年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。