胸の痛みでも、鈍い痛みと鋭い痛みでは、原因となる病気が違います。鈍い痛みとは「鈍痛」と言われる、重苦しい違和感が続く状態。あるいは、胸全体に痛みがどんよりと広がっていたり、圧迫感がある場合などです。
「痛くてたまらないから早く病院に行かないと」という感じではないこともあるので、我慢してしまう人もいます。しかし、胸は心臓や肺などの重要な内臓がある部位。命の危険につながる病気が原因ということもあります。またストレスなど、心の問題が原因で起こることも。思いがけない病気がひそんでいることもある、胸の鈍い痛みの原因とチェック法をご紹介します。
仲 眞美子先生(アスクレクリニック上野)
医学博士。認定内科医、認定産業医、人間ドック検診専門医。
昭和50年、東京医科大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。愛知県がんセンター第二内科・化学療法部国内留学。社会保険蒲田総合病院内科医長、他。イーク丸の内院長、医療法人社団葵会AOI国際病院健康管理センター所長を経てアスクレクリニック上野院長。

死に至る危険も! 心臓の症状が原因の痛み

胸の痛みで緊急性が高いのは「狭心症」など、心臓の症状です。鋭い痛みとして出ることもありますが、鈍い痛みや、胸への圧迫感を覚えることもあります。また、胸の痛みの他、熱・せき・など、風邪に似た症状が出たら「心筋炎」や「心膜炎」の可能性が。最悪の場合は命の危険につながることも。症状チェックで心臓の症状が疑われたら、循環器系の病院を受診してください。

1)15分以内に消える胸の痛みの原因となる病気

「狭心症」は、コレステロールが過剰になって、心臓の冠状動脈に動脈硬化で狭窄が起こることで、血液が不足し、胸の痛みや圧迫感が生じます。ただし、この症状はおおむね15分以内で消えてしまいます。消えたからといって治ったわけではなく、そのままにしておくとどんどん悪化していきます。さらに血管がつまって血液が止まる状態が長く続くと、心筋細胞が壊死して「心筋梗塞」が起こります。階段をのぼっているとき、重いものを持つなどの作業で心臓に負担がかかったとき起こるのが「労作性狭心症」。これは動脈硬化が主な原因です。一方、寝ているときや安静時に起こるのは「安静時狭心症」で、日本人に多い症状です。冠動脈の一過性の痙攣が原因だとされています。

原因:狭心症

治療法:薬物療法、手術、カテーテル治療

チェック法:胸の痛み、胸の圧迫感、痛みが短時間で消える、胃の痛み、背中の痛み

関連する病気: 狭心症

2)風邪のような症状と全身の強い倦怠感と共に、胸の痛みがある場合は

胸の痛みのほかに、咳やのどの痛みなど、風邪のような症状が出て、全身に強い倦怠感がある場合、原因として考えられるのが「心筋炎」で、主にウイルス感染が原因で起こります。風邪と同じウイルスが多いのですが、インフルエンザイルスの場合も。また、膠原病や、川崎病が原因で起こる場合もあります。熱・せき・のどの痛み・強い倦怠感、食欲不振、吐き気、下痢といった風邪とよく似た症状がまず出るため、風邪と診断されてしまい、対応が遅れて症状が悪化するケースも多く、注意が必要です。ただし、風邪と違う特徴が、胸の鈍痛です。痛みは風邪のような症状が先に出てから、遅れて出てきます。また胸の痛みの他に、動悸・息切れ・呼吸困難・不整脈・チアノーゼ(顔色が蒼白になったり、紫色になる)・全身のむくみなどの症状を伴うことも。こうした症状が出てきたら、心筋炎が疑われます。子どもがかかることもあるので「いつもの風邪」と軽く考えず、症状を注意深く見守って。受診は循環器内科を専門とする医師に診てもらいましょう。

原因:心筋炎

治療法:薬物療法

チェック法:熱・咳・のどの痛み・倦怠感など風邪のような症状、胸の鈍い痛み

関連する病気: 心筋炎

3)風邪のような症状と共に出て、横になると痛みが増す場合は

「心筋炎」と同様に、風邪のような症状と共に胸の痛みが起こる病気に「心膜炎」があります。心筋炎と同じく主にウイルスで感染し、心臓の筋肉を覆う「筋膜」に炎症が起きるものです。心膜は二重になっており、その間には心臓の動きを潤滑にする液体「心膜液」があります。心膜炎を起こすと、この心膜液が過剰に増えて心臓が圧迫され、場合によっては死に至ることも。熱・咳といった、風邪と同様の症状を伴うことは心筋炎と通じますが、心膜炎の特徴は、体の体制で痛みが変わることです。仰向けで寝ると痛みが増し、咳が出たり、呼吸が苦しくなり、座っている方が痛みは楽になります。

原因:心膜炎

治療法:薬物療法

チェック法:熱・咳など風邪のような症状、胸の痛み、仰向けで寝ると胸が痛い

関連する病気: 心膜炎

肺が原因となる病気の症状は?

胸の鈍い痛みの原因となる、肺の症状・病気は多岐にわたります。最も危険なのは、肺がんです。初期症状が風邪と似ているため、軽く考えて悪化させてしまうこともあります。肺の病気が疑われたら、呼吸器科を専門とする医師に診てもらいましょう。

1)1か月以上だんだん症状が強くなる咳と胸の痛みがある場合

「肺がん」は初期で発見されにくいがんのひとつです。その理由は、初期症状が風邪とよく似ているためです。最初に表れるのが咳や痰。さらに発熱したり、胸に痛みが出るなどの症状が続きます。胸の痛みは、初め軽い程度ですが、やがて肋骨や筋肉に症状が進むと激痛が走るようになります。ただ、初期の咳や痰などの症状を風邪と思い込んで、自分で風邪薬を飲むなどしているうちに、進行してしまうケースも多くあります。咳に加えて、胸の痛みがあり、症状が1カ月以上だんだん強くなっていく場合は、肺がんの可能性も考えて受診しましょう。また、肺がんにはレントゲンに写りにくい部位にできるものもあるので、胸部CT検査が必要です。

原因:肺がん

治療法:外科手術、化学療法、放射線治療

チェック法:咳、痰、発熱、胸の軽い痛み、胸の激痛

関連する病気: 肺がん

2)脚を動かさないことで起こる胸の痛みとは?

「エコノミークラス症状群」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。飛行機に狭い座席に長時間座り続けることで、血流が滞り、脚の静脈に血栓ができます。これが血液に乗って、肺に運ばれて肺の動脈がつまるのが「肺塞栓症=エコノミークラス症候群」です。これは心筋梗塞と比べても死亡率の高い危険な病気です。エコノミークラス症候群という名称が有名になりましたが、飛行機にのっているときに起こるとは限りません。長距離バスや新幹線でも同様のことが。また、長時間のデスクワークなどでじっと座っていたり、入院でベッドに寝たきりでも起こります。むしろ、乗り物の中で起こる方が少ないほどです。この症状は、まず突然呼吸が苦しくなり、ふだんは楽に上れる階段や坂でも息が切れます。そして、胸の痛み。胸にモヤッとした痛みを感じたり、圧迫感や不快感が生じます。また、下肢に静脈瘤が現れるのも典型的な症状です。高齢者のほうがかかりやすく、60歳以上で急激に増えます。

原因:肺塞栓症

治療法:薬物療法、下肢静脈瘤の治療

チェック法:胸の痛み、胸の圧迫感、胸の不快感、呼吸困難、下肢の静脈瘤

関連する病気: 肺塞栓症

3)突然の息苦しさと共に、胸に痛みを感じる場合は

突然息が苦しくなり、胸の痛みを感じる場合は、肺に穴が開く「気胸」という病気の可能性があります。この場合、胸の痛みのほか、息苦しいという症状が併発します。肺は表面を2重の膜で覆われていますが、肺に穴が開くと、この膜の間に空気がたまっていきます。この空気が増えるほど肺を圧迫し、肺がしぼんでいきます。息を吸っても肺がしっかりふくらまないので、息苦しさを感じます。これにより、胸や背中の鈍痛が起こったり、人によっては激しい痛みを感じることも。気胸は若い男性で、背が高く細身の体型の人がなりやすいという傾向があります。しかし、肺の病気が原因の場合は高齢者に多く、ケガが原因で起こる外傷性のものもあります。また、女性がなった場合は、子宮内膜症との関係で起きる「月経随伴性気胸」という症状が疑われます。これは月経開始前後に発生することが多くあります。

原因:気胸

治療法:薬物療法、手術、チューブを使った持続脱気

チェック法:突然起こる胸や背中の鈍痛、激痛、息苦しさ

関連する病気: 自然気胸

4)呼吸すると胸が痛くなる場合は

結核などの感染症や、肺がんなどが原因で、肺を覆う膜「胸膜」に炎症が起きる病気の場合、呼吸と共に胸が痛くなる症状が発生します。肺を覆う膜「胸膜」は2枚重なっており、この胸膜が炎症を起こすのが原因で、膜の間に水がたまる症状を「胸膜炎」と言います。原因は結核などの感染症や、肺がんなどの悪性腫瘍である場合が多いです。また同じ場所に膿がたまった場合は「膿胸」となります。呼吸すると鈍い痛みを感じるのが特徴で、熱や悪寒を伴うことも。

原因:胸膜炎・膿胸

治療法:薬物療法、手術

チェック法:呼吸をしたとき起こる胸の痛み、熱、悪寒

関連する病気: 胸膜炎膿胸

整形外科を受診すべき胸の鈍い痛みは?

胸の痛みには、肋骨や、肋骨近くの神経が原因となることがあります。こうした症状の場合は、整形外科を受診してください。

1)咳をしたり、上半身をねじると痛みを感じる場合

外傷や過度の運動、激しい咳などで肋骨が折れたり、ひびが入ることがあります。転んで打ったといった外傷によるものでない、咳などが原因のものを「疲労骨折」と言います。高齢者の場合は、くしゃみをしたり、体をひねっただけで骨折することも。こうした疲労骨折では、鈍い胸の痛みが続くことがあります。胸を押すと、特定の部位が痛みます。また、上半身をねじると痛みを感じる傾向が。肋骨は肺の動きに合わせて柔軟に開閉するため、やわらかい作りになっており、骨折しやすい部分です。そのため、気がつかないうちに折れていた、ということが起こります。症状には、くしゃみや咳をすると胸が痛む。息苦しかったり、息をすると違和感があることも。

原因:肋骨骨折

治療法:鎮痛剤の投与、湿布、バストバンドなどで胸を固定する

チェック法:胸の痛み(押すと痛い部分がある)、息苦しさ、呼吸での胸の違和感、くしゃみ、咳

関連する病気: 肋骨骨折

2)突然起こる痛みが、短時間でおさまる

肋骨近くの神経が痛む症状を「肋間神経痛」といいます。肋間神経とは、背骨の脊髄から出て、肋骨に沿って走る神経のこと。これらが、圧迫されて痛みが出る症状です。原因として、脊椎の病気や帯状疱疹による場合もありますが、原因がはっきりしない場合も。胸を強打するなどの理由はなくても、突然胸に鈍痛を感じたり、息をするたびに痛みを感じるようになります。痛みは短期間で治まることが多いので、そのまま放置してしまいがちです。しかし、症状が悪化すると体を動かすたびに痛みが走り、動けなくなってしまうこともあります。デスクワークなど、ずっと同じ姿勢で作業を続ける仕事や、運動不足な人に多くみられる傾向もあります。

原因:肋間神経痛

治療法:消炎鎮痛剤の投与、湿布、外傷による場合はバストバンドで肋骨を固定

チェック法:肋骨の間や肋骨に沿って痛みが走る、胸の左右どちらかが痛む、体をひねったり伸ばすと痛みを感じる

関連する病気: 肋間神経痛

心の問題が原因の痛みもある

胸の痛みといえば心臓や肺の病気と思いがちですが、ストレスなどを原因とする心の不安などから起きる痛みもあります。胸部の痛みや圧迫感の他、息苦しさやめまいを伴うことも多く、狭心症や心筋梗塞と症状が似ています。しかし、心因性の場合は、いくら検査をしても心臓や肺に異常は見つかりません。

1)痛い場所がはっきりわかる胸の痛み、安静時に痛む場合に考えられる病気

「心臓神経症」は、主な原因が過労やストレスによる心因性の病気です。また、症状が出た後「心臓の病気では」と不安になり、これが原因となって痛みが悪化するというケースも。仕事をがんばり過ぎたり、体のことを過剰に心配してしまう、真面目な人に多い傾向もあります。心臓病との違いの特徴として、胸の痛い場所が特定できることがあげられます。心臓の症状が原因の場合は、胸のあたりが痛いと感じますが、胸のどの部分かは特定できません。また、心臓の病気は痛みが短時間で消えるため、一日中など長時間痛みが続く場合、心臓神経症が考えられます。
さらに「心臓神経症」は、胸を抑えると痛みが強くなり、手でさすると楽になるという特徴も。また、狭心症などは、体を動かして心臓を使ったときに痛みが出ますが、心臓神経症は、こうした体の動きと関係なく現れます。ただし、狭心症には安静にしているとき起こる「安静時狭心症」もあるので、この点だけで判断することはできません。ほかに動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなどの症状を併発することも。
なお、月に2回以上起こる場合は、まず循環器専門の病院を受診して。発作の出ていない時に調べても異常が見つからないことが多いので、発作の起きた日時や、どんな症状になったかをメモしておいて、受診してください。

原因:心臓神経症

治療法:薬物療法

チェック法:痛い場所が特定できる胸の痛み、長く続く胸の痛み、動悸、息切れ、呼吸困難、めまい

関連する病気: 心臓神経症

【まとめ】

胸には、心臓や肺などの重要な臓器があるため、痛みには命にかかわる病気がひそんでいることもあります。軽く考えず、病院を受診しましょう。また、同じ内科でも、心臓なら循環器、肺なら呼吸器と専門が違います。ひとつの病院で原因がわからなければ、専門の違う病院で診てもらいましょう。

「胸痛」に関するおすすめ記事

胸痛の関連コラム

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症  急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。      急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータよ...

続きを読む

膝の痛みの原因と改善方法-ウォーキングや軽い筋トレがおすすめ

肥満を解消して膝への負担を軽減したり、水中歩行などで筋力アップを図る...

続きを読む

成人の4.4人に1人が慢性的な痛みを抱えている-上手く付き合う方法

痛みに関する大規模調査では、約70%もの人が「痛み」をコントロールできていないことが明らかに...

続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか    肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。  肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア    一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿...

続きを読む

胃の痛みや不快感は機能性ディスペプシアかも? どんな症状?

症状や原因は患者さんによって異なる。生活習慣の見直しと薬による治療で症状の改善を...

続きを読む

帯状疱疹てどんな病気? 原因と症状|体の一部に発疹が出て痛みを伴う

水ぼうそうのウイルスが原因の帯状疱疹てどんな病気? その原因と症状は? また、なぜ全身ではなく、一部にだけでるのか、その理由を解説します。 水ぼうそうを発症させるウイルスが体の神経細胞に潜伏し再発 帯状疱疹は、水痘帯状疱疹(...

続きを読む

口内炎の痛みを早く抑える方法ー市販薬の選び方|NGな食べ物とは?

口内炎ができると、食事が楽しめずとてもやっかい。できれば痛みはすぐに抑えて、治したいもの。口内炎の改善法をご紹介します。 ほとんどの口内炎が「アフタ性口内炎」 食事の時や、飲み物を飲むたびにしみて痛みを感じる口内炎。できてし...

続きを読む

手首の痛みを放置しないで! 女性に多いガングリオンや関節リウマチ

仕事や家事をしている時、手首に痛みが……。そんな経験、ありませんか? 手首はたくさんの関節が集まっている箇所。いろんな病気や疾患が潜んでいる可能性があります。 女性はホルモンの影響で手首に炎症がおこりやすく 「なんとなく手首...

続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

痛みの起こり方やその他の症状、月経異常などにも注意が必要...

続きを読む

脚の冷えや痛み、しびれは動脈硬化が原因かも-最悪は脚の切断に

脚に動脈硬化があれば脳や心臓にも! 脚の動脈硬化の早期発見には、手足の血圧比を測るABI検査が有効...

続きを読む