一口に「腹痛」と言っても、痛む場所はさまざまです。特に脇腹は、食べた後に運動をしたときなど、痛んだ経験のある人も多いのではないでしょうか。そのような痛みは時間の経過とともに次第に解消されていきますが、病気が原因で脇腹痛が起こっていることも少なくありません。何が原因で脇腹痛が起こっているのか簡単に見極める方法は、左右のどちらに痛みが現れているのか確認すること。ここでは痛む場所ごとに、脇腹の痛みの原因を探ってみます。
生月 弓子先生(ミッドタウンクリニック)
信州大学医学部 卒業
東京大学 大学院 卒業
医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っている。

上部左側が痛む時は、胃・心臓・膵臓にトラブルが?

ここでは便宜上、胸の下からおへそあたりを上部と捉え、その左側が痛む場合の原因についてみてみます。この位置にある内臓は、胃、心臓、膵臓。そのため、これらの臓器に異常があることが疑われます。特に気をつけたいのは次のような病気です。

(1)胃潰瘍

食事を取った後、胃のあたりに痛みを感じることがあったら胃潰瘍かもしれません。潰瘍とは、胃から分泌される胃酸やペプシンが胃の粘膜を傷つけ、組織が溶かされてしまっている状態のこと。原因はストレスのほかピロリ菌感染などがあげられます。胃潰瘍は食後の胃の痛みのほか、胸焼け、食欲不振、腹部膨満感などを招きます。潰瘍を放置しておくと胃がんを発症するリスクが高まるため、胃酸の分泌を抑えたり、ピロリ菌を除去したりする治療が必要になります。

原因:ピロリ菌感染、ストレス
チェック法:食後の胃痛、胸焼け、食欲不振、腹部膨満感
治療法:薬物療法、外科治療

関連する病気: 胃潰瘍

(2)急性膵炎

膵臓で生産・貯蔵される消化酵素は食事をした後、膵管を通って十二指腸へ分泌され、活性化します。しかし、膵管の内圧が上昇して膵液の分泌が過剰になると、膵臓内で消化酵素が活性化してしまい、膵臓を傷つけてしまいます。この状態を膵炎と言います。発症頻度は女性に比べて男性が高く、男性は 50代、女性は70代が発症のピークとされています。原因として最も多いのはアルコールの過剰摂取。また、胆石がある人も急性膵炎を発症しやすいことがわかっています。みぞおちあたりの激しい痛みのほか、吐き気や腹部膨満感が現れることも。次第に悪化してショック症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

原因:アルコールの過剰摂取、胆石
チェック法:激しい上腹部痛、吐き気、嘔吐、腹部膨満感
治療法:薬物療法

関連する病気: 急性膵炎

(3)心筋梗塞

胸の中央または左胸部に鉛の塊を乗せたような、重苦しい痛みを感じたら心筋梗塞かもしれません。30分以上痛みが続き、冷や汗や吐き気、呼吸困難を伴うことがあります。心筋梗塞は狭心症と合わせて「虚血性心疾患」とまとめられることが多いのですが、両者は症状や原因が異なります。狭心症は、冠動脈の中が動脈硬化のために狭くなり、心臓の筋肉に血液や酸素が十分に送られなくなるために起こります。一方心筋梗塞は、冠動脈の血流がほとんど止まってしまい、酸欠と栄養不足から心筋の一部が死んでしまった状態のことを意味します。脂質異常症や高血圧、糖尿病などが原因となって引き起こされることが多いので、予防のためには食生活を見直すことが大切。万一、心筋梗塞が疑われるような左胸部の痛みが起こった場合は、速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

原因:動脈硬化、生活習慣
チェック法:激しい左胸部痛、呼吸困難、吐き気、冷や汗
治療法:薬物療法

関連する病気: 心筋梗塞

上部右側が痛む時は、肝臓や胆のうに異常があるかも

上部右側に痛みが見られる場合は、肝臓や胆のうに疾患が隠れているかもしれません。一般的に、可能性の高い病気について考察してみます。

(1)十二指腸潰瘍

先ほど紹介した胃潰瘍では、上部左側に痛みが見られるのが特徴でしたが、上部右側が痛む場合は、十二指腸潰瘍を疑います。体内に入った食べものが消化され、十二指腸に送られた時に痛みが発生するのが十二指腸潰瘍で、十二指腸は体の右側にあるため、この部分が痛むのです。胃潰瘍に比べて比較的若い人に発症することが多く、重症化すると十二指腸に出血や穿孔が見られ、命の危険に及ぶことがあります。発症の仕組みは胃潰瘍と同じで、胃酸が十二指腸の粘膜を傷つけたことによって起こります。発症の原因も胃潰瘍同様、ストレスやピロリ菌による感染があげられます。しかし、空腹時に痛みが現れることが多く、食後には自然と治まるのが特徴。しかし、痛みが治ったからといって放置しておくと慢性化し、穿孔が起こることもありますので、症状が見られたら早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因:ピロリ菌感染、ストレス
チェック法:空腹時の上腹部痛、食欲不振、胸焼け、吐き気、嘔吐、腹部膨満感
治療法:薬物療法

関連する病気: 十二指腸潰瘍

(2)急性胆嚢炎

胆嚢とは、肝臓でつくられた胆汁を十二指腸に移送するための管の途中にある臓器で、袋のような形状をしています。胆汁の一部が固まって胆石になり、胆石が胆嚢の出口を閉塞すると、胆嚢内に胆汁が蓄積。その結果、胆嚢壁の粘膜が炎症を起こす場合があります。これを急性胆嚢炎と呼びます。大抵、2~3日で発作が改善することが多いのですが、痛みが長く続くようなら合併症を起こしている危険もあります。

原因:胆石
チェック法:服痛、発熱、黄疸
治療法:薬物療法、外科的処置
関連する病気: 胆嚢炎

(3)胆石症

胆汁の成分が固まって石のようになり、胆管や胆嚢を詰まらせた状態のことを胆石症と言います。胆石が原因で起こる痛みは、腹部や胃のあたり、背中側、右肩など広範囲に現れることが多く、「胃腸の病気かと思ったら胆石症だった」ということも少なくありません。また、痛みをまったく発症しない人もいます。痛みがない場合は治療の必要はありませんし、脂肪分の多い食事を控えるなど食事内容を見直すことで、痛みの発症を予防することができます。しかし、繰り返し痛みが発症しているにも関わらずそのまま放置すると、急性胆嚢炎や敗血症を起こしたりすることもあります。特に女性は男性よりも発症率が高いので、食後30分から2時間後に右上腹部の痛み、吐き気、嘔吐が起こった場合は注意が必要です。手術など外科的治療が必要な場合もあります。

原因:コレステロールの増加
チェック法:食後の右上腹部痛、吐き気、嘔吐
治療法:外科手術、薬物療法

関連する病気: 胆石症

下腹部の左右が痛む場合は?

下腹部痛を引き起こす可能性が高い臓器は、大腸です。緊急性の高い病気の可能性もあるので、注意が必要です。

(1)右下腹部が痛むなら、急性虫垂炎の可能性

右下腹部が痛む場合は、急性虫垂炎かもしれません。急性虫垂炎とはいわゆる「盲腸」のこと。腸管の虫垂という部分に炎症が起こった状態で、子どもから大人まで幅広く発症します。早期発見、早期治療なら特に心配ありませんが、手当が遅れると腸壁に穴が開いたり、腹膜炎を引き起こしたりすることも。激しい右下腹部痛のほか、38度くらいの発熱や食欲不振、吐き気などが見られたら医師の診察を受けましょう。薬物療法で症状を抑えるほか、手術が必要な場合もあります。

原因:虫垂の内圧上昇、虫垂の炎症
チェック法:右下腹部痛、38度前後の発熱、食欲不振、吐き気、嘔吐
治療法:薬物療法、外科手術

関連する病気: 虫垂炎

(2)下腹部の左右が痛むなら、潰瘍性大腸炎かも

大腸の粘膜に炎症ができた状態を潰瘍性大腸炎と言います。大腸は下腹部において、下向きのコの字を描くように配置されているので、発症部位によって左右どちらも痛む可能性があります。発症の原因は免疫の異常で、これにストレスや食生活、腸内の細菌叢の変化などが複雑に絡み合っています。潰瘍性大腸炎の症状は、下腹部痛に加えて便通異常が一般的で、血便、下痢、便秘などが見られます。多くの場合、症状が軽くなったり、ひどくなったりを繰り返すので、適切な治療で症状をコントロールする必要があります。医師にによる診察を受けましょう。

原因:免疫異常、ストレス、食生活、腸内細菌叢の変化
チェック法:下腹部痛、便通異常
治療法:薬物療法

関連する病気: 潰瘍性大腸炎

【まとめ】

このように、痛みが起こる場所によって考えられる病気はさまざまです。なかには症状の経過によって痛みが移動したり、広範囲に渡ったりするものもありますから、自分で病名を判断するのは難しいかもしれません。特に、繰り返し痛みが現れる場合や、痛みがどんどんひどくなったりする場合は、早めに医師の診察を受けた方が無難。特に、血便が見られたり、高熱がでたりした場合は重症化する危険も高いので、速やかに病院で検査や適切な治療をしてもらいましょう。

脇腹が痛い原因は…痛いのはどこ右・左? 部位や痛み方でわかる8つの病気の詳細

 卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2〜3cm程度の大きさです。卵巣と子宮をつなぐ役割をしているのが卵管です。この卵巣にはれが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。多くは卵巣の片側に発生します...
 卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2〜3cm程度の大きさです。卵巣と子宮をつなぐ役割をしているのが卵管です。この卵巣にはれが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。多くは卵巣の片側に発生します...
 子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。  子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子...
 子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋(へいかつきん)成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって発育する良性腫瘍です。婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その発生頻度は30歳以上の...
 骨盤内には前に膀胱、後ろに直腸、その間に子宮・卵管があり、それらの表面は腹膜でおおわれています。この骨盤腹膜に起こった炎症が、骨盤腹膜炎です。
 月経困難症とは、いわゆる生理痛のことです。月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることもあります。器質的な異常を伴わない機能性月経困難症(原発性(げんぱつせい)月...
 月経前3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりするものをいいます。
 狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞などの虚血性(きょけつせい)心疾患は、心臓を養う冠動脈の動脈硬化(どうみゃくこうか)により血管の内腔が狭くなり、血液の流れが制限されて生じます。冠動脈が閉塞すると...
 胃酸の影響を受けて潰瘍を形成するものを総称して消化性潰瘍(しょうかせいかいよう)と呼んでいます。消化性潰瘍の代表は、胃潰瘍と十二指腸潰瘍です。  胃潰瘍は、40歳以降の人に多くみられるのに対し、十二...
 胃がんは、胃の悪性新生物の95%を占める上皮性(じょうひせい)(粘膜由来(ねんまくゆらい))の悪性腫瘍で、日本では肺がんに次いで死亡率の高いがんです。男女比は2対1と男性に多く、男女とも60代に発症...
 虫垂炎は、虫垂に化膿性の炎症が起こる病気です。虫垂は、盲腸(もうちょう)(右下腹部の小腸から大腸につながった下の部分)の先に突き出た5〜10cmほどの先端が閉じた突起物で、長さ6〜8cm、太さは鉛筆...
 大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。症状として突然の腹痛、下血がみられます。もともと血管に動脈硬化があるところに...
 大腸は、上部消化管で消化・吸収を受けたあとの残渣の処理と排泄を行う器管です。盲腸(もうちょう)と上行結腸で、液状の内容物から小腸で吸収されなかった水分と電解質を吸収し、横行結腸、下行結腸へと送られ徐...
 大腸は消化吸収が行われた食べ物の最終処理をする消化管で、主に水分を吸収します。長さは約1・8mで口側から肛門側に盲腸(もうちょう)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。この部...
 肝がんには、肝臓そのものから発症した原発性(げんぱつせい)肝がんと、他の臓器のがんが肝臓に転移した続発性(ぞくはつせい)肝がん(転移性(てんいせい)肝がん)があります。原発性肝がんの約90%を肝細胞...
 胆汁(たんじゅう)は食事で摂取した脂肪分やビタミンの消化・吸収を助ける黄褐色の消化液で、肝臓で1日に700ml〜1l作られています。この胆汁が通る道を胆道(たんどう)と呼びますが、胆道は肝内胆管(か...
 肝臓で作られた胆汁は胆嚢という袋に蓄えられ、必要に応じて胆管と呼ばれる管を通って十二指腸のなかに排出されます。胆嚢や胆管に起こった炎症を胆嚢炎・胆管炎と呼びます。  胆嚢炎・胆管炎の多くは、胆嚢や胆...

「腹痛」に関するおすすめ記事

脇腹が痛い原因は…痛いのはどこ右・左? 部位や痛み方でわかる8つの病気の関連コラム

腰や背中の痛みは内臓のトラブルの可能性

尿路結石が潜む場合  腰と背中のぼんやりした痛みは、尿路結石の可能性があります。    尿路結石は胆汁の成分が固まって胆石ができます。それが原因で発熱などが起こり胆のう炎にかかります。発症とともに腰痛や背中の痛みを伴うこともあります。...

続きを読む

肩こり・首の痛みに効く漢方と養生法

肩こり・首の痛みに効く漢方と養生法 つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を促して症状を改善 出典:株式会社法研「女子漢方」 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長    木下 優...

続きを読む

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症  急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。      急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータよ...

続きを読む

お酒・たばこ好きな人【慢性咽頭炎】に注意! 喉の痛み・イガイガ・違和感

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 喉の痛み、違和感が2週間以上続く場合は、慢性咽頭炎の疑いが。症状や原因、予防方法をまとめました。 急性咽頭炎が完治せず、慢性化する場合も 喉のイガイガを感...

続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

身近な暖房器具への油断が生む冬の事故。自己流の手当ては避け、必ず病院を受診するようにしましょう...

続きを読む

生理痛の原因-ひどい痛みは子宮内膜症かも?-痛みに効く14のツボ

生理時期に起きる最も多いトラブルが生理痛です。生理痛はどうして起きるのか、また、生理痛への対処法についてご紹介します。 経血を押し出すために子宮が収縮することが痛みを引き起こす 生理痛とは、腹痛だけでなく、腰や頭が痛い、吐き...

続きを読む

女性のセックスの痛みの原因は? 病気の場合の心理的な問題の場合

病気やホルモン変化などの体の問題、セックス自体が痛みを引き起こす心理的な問題など、原因はさまざま...

続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する  胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります...

続きを読む

更年期障害の症状「肩こりや痛み、かゆみも更年期の可能性が」

更年期障害は、まず生理不順や月経量が変わる「生理の変化」から始まりますが、肩こり、腰痛、頭痛、かゆみといったおなじみの体の症状も、実は更年期障害である場合があります。 「生理の変化とともに症状が複数出たら、婦人科や更年期外来を受診しま...

続きを読む

からだの痛みも「うつ病」の症状-からだが痛くなる理由と治療法

体の「痛み」は仕事や家事の作業能率を大きく低下させる。痛みの改善でうつ病も治りやすくなる。...

続きを読む