「お腹が張ってガスっぽい」「胃腸が膨らんで、お腹が圧迫されて苦しい」「おならが出やすい」という悩みを招く、腹部の膨満感。女性の場合、月経前にいつもお腹が張って苦しいという方も、少なくないのではと思います。多少はイライラするものの、そのまま放置しておくと、自然に解消される場合もありますが、怖いのは病気が隠れている場合です。なかには知らず知らずのうちに、病気が進行している場合もあるので、注意が必要です。では、どんな病気が膨満感や、それによる腹痛を引き起こすのでしょうか。ここでは考えられる主な病気をご紹介します。
生月 弓子先生(ミッドタウンクリニック)
信州大学医学部 卒業
東京大学 大学院 卒業
医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っている。

そもそも、腹部膨満感の原因は?

日常的に見られる膨満感の原因には、次のようなものがあります。

(1)便秘
お腹にガスがたまる原因として、最も多いのが便秘です。便秘になると腸内にガスがたまりやすくなって、お腹が張ったような感じになります。この場合、便秘が解消されれば腹部の膨満感もすっきりするでしょ

(2)早食いや食事中のおしゃべり
早食いをすると、食べものと一緒に空気を飲み込みやすくなります。これが胃腸に溜まって、腹部の膨満感を引き起こします。また食事中、おしゃべりに夢中になると、話をしながら空気を飲み込むことが多くなます。

(3)炭酸飲料やガスの多い食べものの取りすぎ
炭酸飲料にガスが含まれているため、これらを飲みすぎても腹部膨満感につながります。また、イモ類、パン、ご飯などでんぷんが多く含まれている食べものも、お腹にガスを溜めやすくなります。

(4)暴飲暴食
大量の食べものや飲みものを摂取すると、胃が膨れ上がって胃腸の働きが鈍くなることがあります。そのため、胃腸に溜まった空気が排泄されず、膨満感を引き起こします。

こんな膨満感には注意! 緊急性の高い場合

日常的に起こる腹部膨満感は、時間の経過とともに胃腸の働きが復活すれば自然と解消します。しかし、なかには緊急性の高い膨満感もあるのです。ここでは、急性の病気について紹介します。膨満感に加えて次のような症状が見られたら、医師の診察を受けることをお勧めします。

(1)吐き気や下痢を伴う。ひどくなると吐血や下血を起こすことも

嘔吐や下痢などの症状が見られたら、急性胃炎かもしれません。これは食べ過ぎや飲みすぎ、ストレス、アルコールなどのほか、ウイルスやピロリ菌に感染したことが原因で起こるもの。短時間のうちに食欲不振や吐き気、胃もたれなどの症状を起こします。大抵、2、3日安静にしていると治りますが、ウイルスに感染している場合は症状が悪化して重症になることもあるため、辛い症状が続く場合は医師の診断を受けた方が良いでしょう。

原因:急性胃炎
チェック法:吐き気、下痢、下血、吐血、腹部膨満感
治療法:薬物療法
関連する病気: 急性胃炎

(2)吐き気や嘔吐とともに、強い腹痛がある

お腹が張って強烈な痛みを感じるほか、吐き気や嘔吐が見られたら、腸閉塞(イレウス)かもしれません。これは、腸の一部が狭くなって食べものが胃腸を通過しにくくなったために起こるもの。腸がねじれたり、腸管の内部に腫瘍ができたために起こる「機械的腸閉塞」と、腸の蠕動運動が低下したことが原因で起こる「機能的閉塞(麻痺性閉塞)」の二種類に分けられます。なぜ腸閉塞が起こったのかという原因によって対処法が異なるので、激しい腹痛とともに腹部の膨満感が見られたら、速やかに医師の診断を受けた方が良いでしょう。なかには、命に関わるケースもあります。

原因:腸閉塞(イレウス)
チェック法:激しい腹痛、吐き気、腹部膨満感
治療法:薬物療法

関連する病気: 腸閉塞(イレウス)

(3)血便や頑固な便秘、下痢など便通異常がある

便に血液が混ざっていたり、便秘が長く続いたり、また、便が突然細くなったりなど、便通異常が見られたら、大腸がんを疑います。大腸がんは現在、日本で急速に増えているがんで、特に60代以降が好発年齢とされています。大腸がんの原因は欧米型の食事スタイルで、特に動物性脂肪やたんぱく質の取りすぎで大腸がんが増えているとされています。早期ではほとんど自覚症状がないため、気づいた時には進行していたというケースも少なくありません。定期的に便の潜血反応を調べ、予防と早期発見に取り組むことが大切。もし、便通の異常が見られたら早めに医師の診断を受けましょう。予防のためには、日頃から植物繊維の多いものや消化の良い食べ物を摂取したり、水分を多めに摂ったりする意識も必要です。

原因:大腸がん
症状:血便・頑固な便秘・下痢・残便感などの便通異常、腹部膨満感
治療:外科手術、薬物療法

関連する病気: 大腸がん

女性の場合は、こんな病気にも注意

女性は、子宮や卵巣の疾患が原因で腹部の膨満感を引き起こすことがあります。次のような症状が見られたら、婦人科で診断を受けることをお勧めします。

(1)月経過多である。月経痛がひどい。水っぽいおりものが増えた

月経量が多くなって月経痛がひどくなったり、下腹部痛や腰痛、不正出血が現れたりしたら、子宮筋腫かもしれません。月経中に血の塊が大量に出ることも、子宮筋腫の症状です。子宮筋腫とは、子宮の中にこぶのような腫瘍ができる病気のこと。基本的に良性ですが、なかには子宮筋肉腫という悪性のものもあるので、定期的に婦人科医による診察を受けることが大切です。実際、発生頻度は30歳以上の女性で3人にひとりと推測されています。腫瘍が小さい場合は自覚症状もなく、日常生活に支障をきたすこともないので経過観察しても良いでしょう。しかし、子宮筋腫の程度によっては不妊や流・早産の原因になることもあり、薬物療法や手術が必要になることもあるので、医師の指示に従って定期的なフォローを受けることが必要です。

原因:子宮筋腫
チェック法:月経過多・月経困難などの月経異常、水っぽいおりものが増えた、腹部膨満感
治療法:薬物療法、外科手術
関連する病気: 子宮筋腫

(2)腹痛や腰痛に加えて便秘、下痢、残尿感、嘔吐などがある。月経の周期が乱れ、経血の量が急増した

腹痛や腰痛が起こるほか、便秘、下痢、残尿感などが見られたら卵巣嚢腫かもしれません。月経周期の乱れや、月経量の急増にも注意が必要です。卵巣嚢腫は、卵巣の中に液体が溜まったことが原因で、卵巣内に腫瘍ができた状態のこと。卵巣腫瘍は悪性の、いわゆる「卵巣がん」と呼ばれるものと、良性の卵巣嚢腫に大きく分けられます。腫瘍や嚢腫が頭大やこぶし大になることがあり、初期にはほとんど自覚症状がありませんが、月経周期に伴って消失したり、増大したりすることもあります。増大すると外から触ってもわかるほどだったり、腹痛や腰痛、頻尿や便秘などが生じたりします。また、激しい運動をした時などに卵巣腫瘍や嚢腫がねじれて、茎捻転や破裂を起こし、緊急手術を要することもあります。腫瘍や嚢腫の種類や内容物、悪性度、大きさによって治療法が異なるので、下腹部の異常を感じたら医師の診断を受けましょう。

原因:卵巣膿腫
チェック法:月経異常、下腹部痛、残尿感・頻尿
治療法:薬物療法、外科手術
関連する病気: 卵巣腫瘍

【まとめ】

お腹が張ったり、ガスっぽくなったりすることは、決して珍しいことではありません。しかし、このように病気を原因とした腹部膨満感もあるので、症状が長引く場合は医師の診断を受けた方が良いでしょう。日常生活でも便秘になりにくい食生活を意識することが大切。規則正しい食習慣を身につけたり、適度な運動を継続したり、水分を適切に摂ったり、食物繊維を積極的に摂ったりすると良いでしょう。

【お腹が苦しい・張っている】腹痛や膨満感の原因ー考えられる病気5つの詳細

 急性胃炎は、さまざまな原因によって引き起こされる胃の急性炎症の総称です。ほとんどの例で上腹部の自覚症状を伴いますが、原因が取り除かれると回復も早いのが特徴です。
 胃のなかには、0・1規定の塩酸(胃の壁細胞で作られる純度の高い塩酸)が常時存在していますし、食物自体も物理化学的に胃粘膜を障害する可能性があります。したがって、年齢が増すごとに胃の粘膜は荒れていくと...
 胃に潰瘍(かいよう)やがんなどがあるのではないかと疑うような胃の不快症状、たとえば胃もたれや胃の痛みがあるのに、検査をしても症状の原因になりそうな病変が見つからないとき、これを機能性胃腸症(機能性デ...
 腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。以前は過敏性大腸(かびんせいだいちょう)といわれていましたが、小腸を含めた腸全...
 口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収され...
 腸は、食べ物や便、胃腸のなかに分泌された消化液を、肛門の方向へ運ぶ特殊な運動(蠕動(ぜんどう)運動など)を行っています。この運動は、脳の神経からの指令と、腸の壁にある腸自体の神経によってバランスよく...
 大腸は消化吸収が行われた食べ物の最終処理をする消化管で、主に水分を吸収します。長さは約1・8mで口側から肛門側に盲腸(もうちょう)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。この部...

「腹痛」に関するおすすめ記事

【お腹が苦しい・張っている】腹痛や膨満感の原因ー考えられる病気5つの関連コラム

胆石症ってどんな病気?食後の腹痛や下痢に要注意

高脂肪、高エネルギーの食事は控え、40歳をすぎたら定期的に腹部超音波検査を...

続きを読む

妊娠中の腹痛は過敏性腸症候群が原因だった! 自力で見つけた改善方法

腹痛でトイレに駆け込んでも排便がない……。腹痛には様々なケースが考えられますが、今回は「過敏性腸症候群」にかかった女性にお話を聞きました。 ■いつもハラハラ「過敏性腸症候群」ってどんな症状? 父親に下痢型の過敏性腸症候群、母...

続きを読む

腹痛で便秘と診断されたが…数日後、盲腸(急性虫垂炎)と発覚!緊急手術へ

ズンドコズンドコ痛むお腹。あまりの痛さに病院を受診したものの、便秘との診断。……ところが、一向に治まる気配のない腹痛はなんと急性虫垂炎だった! 盲腸で入院・手術をした虫垂炎経験者に当時の状況を聞いてみました。 ■病院で便秘の診...

続きを読む

「おなかが痛い」にもいろいろな原因が-乳幼児の[腹痛]対処法

「おなかが痛い」にもいろいろな原因が-乳幼児の[腹痛]対処法 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長  赤ちゃんはもちろん、2歳ぐらいの幼児になっても、自分からう...

続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

汗をかいたり下痢をして脱水状態にならないよう注意が必要。自己判断で下痢止めを使うと回復が遅れることも...

続きを読む

腹痛の原因となる病気 1-痛む場所から分かる病気と症状とは?

突然の痛みや今まで経験のないような強い痛み、痛みが持続したり悪化するときは、できるだけ早い受診を...

続きを読む

腹痛の原因となる病気 2-盲腸(虫垂炎)の症状と治療法

「感染性胃腸炎かな?」と思っても、下痢を伴わないか軽度で腹痛が続く場合は、できるだけ早い受診を...

続きを読む

心配な腹痛、心配ない腹痛の見分け方-乳幼児の[腹痛]対処法

心配な腹痛、心配ない腹痛の見分け方-乳幼児の[腹痛]対処法 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長 心配ない腹痛 ・排便が近いとき、便秘のときにも、腹痛をうったえる...

続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

先進国に多く日本でも身近な病気。通勤・通学や外出などの日常生活に支障をきたす場合は早めの受診を!...

続きを読む

腹痛と高熱…突然発症した「急性胃腸炎」旅先で深夜の救急外来へ

旅先で突然の体調不良。悪寒に関節痛、腹痛に下痢と様々な症状が一気に噴出する「急性胃腸炎」。旅先で深夜の救急外来を受診した人の体験談です。楽しいはずの旅行の思い出を塗り替えた症状とは? ■真夏に悪寒…症状は悪化する一方「急性胃腸...

続きを読む