突然、現れる赤い湿疹。かゆみがひどかったり、発熱を伴ったり、「湿疹」とひとくちに言っても原因や症状はさまざまです。特に気をつけたいのが、その湿疹が急性的なものか、あるいは、慢性的なものかということ。それによって、およそ病気の見当をつけることが可能になります。ここでは、急性と慢性の違いについて簡単に解説。合わせて、それぞれ考えられる病気についても、概要を紹介します。それぞれの特色を理解して、いざという時に正しく対処できるようにしましょう。
生月 弓子先生(ミッドタウンクリニック)
信州大学医学部 卒業
東京大学 大学院 卒業
医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っている。

赤い湿疹がでた! 急性と慢性の違いって?

湿疹とは、皮膚の表面に発生する炎症を総称したもの。「皮膚炎」と同じ意味で使われています。似たような言葉として、「じんま疹」や「発疹」もありますが、「じんま疹」は食品アレルギー、植物、昆虫、発汗などが原因で起こるもの。突然皮膚に赤い膨らみができてかゆくなりますが、数十分から数時間、長くても2〜3日で消えてしまいます。そして、こうした症状が繰り返し起こるのがじんま疹の特徴です。一方、「発疹」は、皮膚に現れる症状全般を指す言葉。つまり、「湿疹」や「じんま疹」も「発疹」の一部なのです。

(1)湿疹の特徴とは?

湿疹は、かゆみを伴う赤いブツブツが体の一部に現れ、少なくとも数日から1週間以上続きます。原因には、洗剤や石鹸、油など刺激の強いものとの接触や、食物アレルギー、汗による肌への刺激、カビの感染などさまざまあります。つまり湿疹とは、こうした刺激に対して、皮膚表面にかゆみを伴う異常が現れたことをさすのです。

(2)湿疹の経過とは?

通常、湿疹は特定の経過を辿ります。まず、湿疹が発生すると、皮膚の表面にかゆみのある赤いブツブツが現れます。これを紅斑と呼びます。次に、水ぶくれがおきます。これを水疱と呼び、次第に膿を持つようになります。そして、この水疱や膿が破れると皮膚の表面がジクジクしてきますが、この時期を過ぎると皮膚が次第に厚くなり、かさぶたになって回復に向かいます。

(3)湿疹には急性と慢性がある

こうした湿疹が突然現れた場合を、主に「急性湿疹」と呼びます。この湿疹が再発を繰り返すと、徐々に皮膚が乾燥して厚くなり、また、硬化してきます。この状態を「慢性湿疹」と呼びます。急性湿疹の場合は、かゆみ止めや抗炎症薬を内服したり、塗布したりすることで治療しますが、慢性湿疹の場合はアレルギーや身体状態、免疫機能などを詳しく検査し、原因を追求して症状が再発するのを予防する必要があります。

赤い湿疹が出た時に、考えられる病気とは?

突然湿疹が現れた場合に考えられる病気には、どのようなものがあるのでしょうか。その可能性を見てみましょう。なかには慢性的に繰り返すものもあり、正しい対処が必要です。

(1)アレルギー性接触皮膚炎

特定の物質が皮膚に触れたことにより、皮膚にアレルギー反応が起こり、紅斑や丘疹などの症状がみられることを、アレルギー性接触皮膚炎と呼びます。原因にはさまざまなものがあり、アクセサリーや時計バンドなどの金属製品、化粧品や香水、漆やハゼなどの植物、湿布薬や外用薬など、どの物質にアレルギー反応を起こすかは、人によって異なります。かゆみを伴う紅斑や丘疹は、のちに水疱となり、治った後には色素の沈着を残すこともあります。物質との接触を続けるうち、慢性化することもあるので、アレルギー性接触皮膚炎が疑われる場合は早めに皮膚科を受診し、アレルギーを引き起こす抗原の物質を特定することが大切です。

原因:金属製品、化学薬品、植物などへの接触
チェック法:かゆみを伴う紅斑、丘疹、水疱
治療法:薬物療法
関連する病気: アレルギー性接触皮膚炎

(2)アトピー性皮膚炎

もともとアレルギーを引き起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が衰えている人がかかりやすい疾患で、長期に渡り皮膚の炎症を起こします。原因は免疫異常で、ハウスダストやダニ、カビ、化学薬品、紫外線など皮膚に対するさまざまな刺激に対し、免疫が過剰に反応することによって皮膚に炎症が起こります。症状が良くなったり、悪くなったり長期にわたって何度も繰り返すのが特徴で、症状がみられたらできるだけ早めに医師の診察を受けて、適切な対処を行うのが肝心。薬物などを使用して皮膚の炎症を抑えると同時に、正しいスキンケアや原因となる刺激の除去なども必要です。また、かゆみが現れた時はかきこわさないことも大切。かき過ぎると皮膚の表層を痛め、さらにバリア機能を弱めてしまうことになります。

原因:免疫異常
チェック法:赤みのある湿疹、皮膚の肥厚化
治療法:薬物療法

関連する病気: 成人のアトピー性皮膚炎

(3)手湿疹

炊事や洗濯などの水仕事で手が荒れた状態を手湿疹と言います。もともと手のひらは皮脂腺が少なく、皮脂が不足している状態。お湯や洗剤の使用で、さらに脱脂がひどくなり、そこへ物理的あるいは化学的刺激が加わると炎症が起こり、赤くなったり、腫れたり、水ぶくれができたりします。主婦に多いことから「主婦湿疹」とも呼ばれています。ワセリンやハンドクリームなどでしっかり保湿を行うほか、水仕事の時には手袋をつけたり、水分をすぐにタオルでふき取ったりすることも大切。症状がひどい場合は、皮膚科に相談すると良いでしょう。

原因:皮脂の不足
チェック法:紅斑、丘疹、水疱
治療法:薬物療法

関連する病気: 手湿疹

(4)貨幣状皮膚炎

皮膚に小さな丘疹が現れ、かゆみとともに大きくなって円形あるいは楕円形の茶褐色の湿疹に変わっていく疾患。特に下肢、腕、体幹などに現れます。湿疹は水疱になり、さらにジュクジュクしてかさぶたになります。中年以降に発生することが多く、冬によく発生します。かゆみがひどい場合は、ステロイド剤や抗アレルギー薬を使用します。また、皮膚の乾燥がかゆみを強くするので、しっかり保湿することも大切です。

原因:皮膚の乾燥、金属アレルギー、扁桃腺炎、歯周病
チェック法:貨幣状・円形・楕円形のかゆみを伴う湿疹
治療法:薬物療法

関連する病気: 貨幣状皮膚炎

(5)脂漏性皮膚炎

頭、顔、胸、背中など、皮脂の多い部位に現れる皮膚炎。皮脂の多い部位にいる常在菌、マラセチアが原因とされていて、皮脂が遊離脂肪酸に変化し、これが皮膚を刺激してかゆみを伴う炎症を起こします。頭に現れる場合は、髪の生え際にフケとともに紅斑が出現。また、額など顔に現れる場合は、粉を吹いたような紅斑が現れます。原因が真菌であるため、きちんと治療しないと慢性化して症状を再発しやすくなります。医師の指示に従い、正しく対処することが必要です。

原因:マラセチアによる皮膚炎
チェック法:脂漏部にフケや黄白色の鱗屑を伴う紅斑、かゆみ

【まとめ】

そのほか、あせもなどのように日常的に見られる湿疹もあります。すべての病気が、医師の診断を受けなければいけないというわけではありませんが、なかには放置しておくと慢性化したり、重症化したりするものもあります。湿疹が治って症状が回復した後も、皮膚に色素が沈着してしまうこともあるので、症状が見られたらできるだけ早期に医師の診察を受けた方が良いでしょう。また、いずれの場合も皮膚の乾燥はさらに症状を悪化させます。特に秋から冬にかけて、皮膚が乾燥する時期はたっぷり保湿をするなど、スキンケアにも注意しましょう。かき壊すと「とびひ」になって、全身のあちこちにかゆみが起こることもありますので、かき過ぎにも注意が必要です。

赤い湿疹が出たときの対処法ー考えられる5つの病気|急性と慢性の違いの詳細

 アトピー性皮膚炎は、増悪(ぞうあく)・寛解(かんかい)を繰り返し慢性的に経過する、かゆみのある湿疹と定義されています。患者さんの多くはアトピー素因をもっています。乳幼児から成人まで、あらゆる年齢層で...
 10円硬貨くらいの大きさの湿疹がいくつも現れ、強いかゆみがあります(図3)。
 手に接触する物質の刺激やアレルギーによって生じる手のひらや指の皮膚炎で、女性に多く、主婦に生じた場合には主婦湿疹とも呼ばれます。
 手のひらや手指、足の裏に小さな水疱(すいほう)が多数現れる再発性疾患です。
 抗原になる物質が皮膚と接触することにより皮膚にアレルギー反応が起こり、かゆみを伴う紅斑や丘疹(きゅうしん)などがみられます。接触後に皮膚に光が当たって初めて症状が現れるものを光接触(ひかりせっしょく...

「発疹」に関するおすすめ記事

赤い湿疹が出たときの対処法ー考えられる5つの病気|急性と慢性の違いの関連コラム

感染しない、皮膚トラブルによる発疹の特徴と症状-乳幼児の[発疹]対処法

感染しない、皮膚トラブルによる発疹の特徴と症状-乳幼児の[発疹]対処法 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長   あせもやおむつかぶれ、はしかや風疹などで皮膚にあ...

続きを読む

赤ちゃんの初めての高熱は突発性発疹かも?|症状と経過、何日ほどで治る?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 赤ちゃんがかかる病気の中でもポピュラーなのが突発性発疹。急に発熱しても慌てないように、基本的な情報を知っておきましょう。 突然40度近い高熱を出した後、全身に発...

続きを読む

意外と知らない赤ちゃんのほっぺが赤い理由

急な温度変化でほっぺが赤くなる  赤ちゃんのほっぺが赤くなる一つの原因としてあげられるのが、急な温度変化です。冬の寒い時期、気温の低い屋外で赤ちゃんの頬は体内の熱を逃さないように毛細血管を細くして乗り切ろうとします。その状態から暖房の効いた...

続きを読む

感染症で起こる発疹の特徴と症状-乳幼児の[発疹]対処法

感染症で起こる発疹の特徴と症状-乳幼児の[発疹]対処法 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長  発熱と同時に発疹が出たり、発熱から数日たって発疹が出たり、タイミ...

続きを読む

帯状疱疹てどんな病気? 原因と症状|体の一部に発疹が出て痛みを伴う

水ぼうそうのウイルスが原因の帯状疱疹てどんな病気? その原因と症状は? また、なぜ全身ではなく、一部にだけでるのか、その理由を解説します。 水ぼうそうを発症させるウイルスが体の神経細胞に潜伏し再発 帯状疱疹は、水痘帯状疱疹(...

続きを読む

申年は赤い下着で迎えると縁起がいい 赤い下着で血流・体温UP!

日本では昔から、「申年に赤い下着を身につけると健康に過ごせる」という言い伝えがあるのをご存知ですか? 申年のサルにかけて、“病が去る”という意味があったり、赤は昔から“病気を防ぐ厄除けの色”という言い伝えもあるので、申年には赤い下着がいいと...

続きを読む