現在、アレルギーに悩む人の数はどんどん増えています。その症状はさまざまで、鼻水や鼻づまりなど、鼻炎の症状がでる人や、かゆみや湿疹など皮膚に症状がでる人など、人によって異なります。なかでも、強くしつこいかゆみは一度現れるとなかなか引くことがなく、厄介な症状のひとつ。その代表格がアトピー性皮膚炎で、以前はアトピー性皮膚炎といえば子どもの患者が多かったのですが、近年では成人になって初めて発症する人も増えています。そのほかにもアレルギーが原因で起こるかゆみにはさまざまなものがあります。ここではそれらの病気について紹介。簡単な対処法も紹介します。
生月 弓子先生(ミッドタウンクリニック)
信州大学医学部 卒業
東京大学 大学院 卒業
医学博士 日本産科婦人科学会 認定医
婦人科(子宮、卵巣)癌検診、健康相談、また避妊、低用量ピル、緊急避妊ピル、月経調節、月経困難症、過多月経、月経異常、不正性器出血、月経前症候 群、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科腫瘍、更年期症状、掻痒感、性感染症、不妊、妊娠などの一般産婦人科診療、セカンドオピニオンも行っている。

アレルギーがかゆみを起こすメカニズム

はじめに、アレルギーがなぜ、かゆみを引き起こすのか、そのメカニズムについて見てみます。

(1)皮膚の乾燥がかゆみを招く

人間の皮膚の表層は角層と呼ばれていて、外部の刺激物が体内へ侵入しようとするのを防ぎ、体を守る働きをしています。この角層は、適度な水分と油分を保っていて、これにより、皮膚表層のバリア機能が正常に保たれています。しかし、過度な乾燥などが原因となってこの角層が壊れると、皮膚のバリア機能も弱まってしまいます。そのため、健康な皮膚よりも細菌や化学物質などの異物が皮膚内に侵入しやすくなってしまいます。その結果、ハウスダストやダニなど、アレルギーを引き起こす物質(=アレルゲン)が体内に入り、不快な症状を発症するのです。

(2)免疫機能の異常

それではなぜ、ハウスダストやダニなどが入ることで、かゆみが引き起こされるのでしょう。これについては、免疫機能の異常が理由として挙げられます。もともと人の体には、免疫機能が備わっていて、体内に侵入した異物を排除する仕組みが整っています。皮膚のバリア機能をすり抜けて侵入したアレルゲンは、すぐに免疫細胞に見つかって、外敵として攻撃されます。この時、免疫細胞は異物を攻撃するため、さまざまな武器を使うのですが、そのひとつがヒスタミンという物質です。ヒスタミンはかゆみや腫れを引き起こす原因となる物質で、このヒスタミンがかゆみを知覚する神経を刺激するため、その刺激が脳に伝わってかゆみを引き起こしてしまうのです。

アレルギーが原因の、かゆみを伴う病気とは?

それでは、アレルギーが原因となってかゆみが起こる病気には、どのようなものがあるのでしょうか。代表的なものをいくつか挙げてみます。

(1)アトピー性皮膚炎

アレルギーが引き起こす皮膚のかゆみの代表格が、アトピー性皮膚炎です。我慢できないほどの強いかゆみに襲われ、子どもは我慢仕切れず、かき壊してしまうこともあります。アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚のバリア機能が低下しているところへアレルゲンとなる物質が侵入すること。強いかゆみを引き起こし、ジュクジュクとした湿疹になって、よくなったり悪くなったり、何度も再発を繰り返すのが特徴です。症状は顔や首、ひじ、膝などに現れやすいとされていますが、悪化すると胸や背中なども含め、全身に現れます。病院での治療は、炎症を抑えてかゆみを沈める外用薬と内服薬を使用するのが一般的。同時に、肌を十分保湿したり、アレルゲンとなる物質を排除したりすることも必要です。

原因:免疫異常

チェック法:赤みのある湿疹、皮膚の肥厚化
治療法:薬物療法

関連する病気: 成人のアトピー性皮膚炎

(2)アレルギー性接触皮膚炎

特定の物質に触れることで皮膚がアレルギー反応を起こし、かゆみを引き起こす病気。皮膚にはかゆみを伴う紅斑や丘疹などがみられます。アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)には、時計のバンドやアクセサリーなどの金属製品、化粧品や香水などの化学薬品、漆やハゼなどの植物、湿布薬や外用薬などの薬品などさまざまなものがあります。症状は数日間続くことが多く、症状がひどくなると水疱が現れたり、治ったとに色素が沈着してしまったりすることもあります。早いうちに医師の診察を受け、適切な対処を行うことが必要です。

原因:金属製品、化学薬品、植物などへの接触
チェック法:かゆみを伴う紅斑、丘疹、水疱
治療法:薬物療法

関連する病気: アレルギー性接触皮膚炎

(3)蚊アレルギー

「蚊に刺されてかゆくなるのは当然」と考える人も多いでしょう。しかし、実はそのかゆみはアレルギーが原因かもしれません。蚊アレルギーとは文字通り、蚊がアレルゲンとなって起こる症状のこと。蚊刺過敏症とも呼ばれます。蚊に刺されてから半日以内に38度以上の熱が出たり、リンパ節が腫れたり、刺された箇所が水疱から潰瘍となって、傷跡が1ヵ月以上も治らなかったりした時は、蚊アレルギーかもしれません。厳密には、アレルギーではなく感染症であり、慢性活動性EBウイルスが免疫細胞に感染したことによって起こります。蚊アレルギーが疑われる場合は、速やかに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因:蚊による刺され

チェック法:腫れ、水疱、血ぶくれ、潰瘍、発熱、リンパ節の腫れ
治療法:薬物療法

関連する病気: 蚊アレルギー

(4)疥癬

疥癬とは、ヒゼンダニ(疥癬虫)が皮膚の角質層に寄生したために起こるさまざまな症状のこと。少数寄生で激しいかゆみを伴う「通常疥癬」と、100万〜200万匹も寄生して感染力が強い「角化型疥癬」の2種類があります。感染者と接触することでうつり、感染してから症状が出るまでの潜伏期間は、通常疥癬で1〜2ヵ月。角化型疥癬では4〜5日で発症することもあります。通常疥癬の場合は、皮膚に赤いブツブツがでるほか、メスは角質の中に「疥癬トンネル」と呼ばれるトンネルを掘りすすめることもあります。一方、「角化型疥癬」では灰色から黄白色のザラザラとしたあかが手、足、お尻、肘、膝などに見られることもあります。いずれの場合もヒゼンダニの殺虫を目的とした治療を行う必要があるので、症状が見られたら集団感染を防ぐためにも、即座に医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因:ヒゼンダニ感染

チェック方法:強いかゆみ、赤い湿疹
治療法:薬物療法

関連する病気: 疥癬

(5)じんま疹

突然、皮膚の一部が赤く盛り上がったかと思うと、しばらくして跡形もなく消えてしまう病気のこと。ほとんどの場合、かゆみを伴いますが、チクチクとした痛みや、焼けるような感じがすることもあります。サバやアジなどの青魚、エビやかになどの甲殻類、ソバなどの食べものがアレルゲンとなるほか、花粉、ダニの死骸、ペットの毛、抗生剤やペニシリン系抗生物質などの薬物も、じんま疹の原因となることがあります。症状が見られたらかきむしらないこと。そして、速やかに医療機関を受診して、アレルギーの原因を特定することが必要です。かゆみや炎症には、抗ヒスタミン剤やステロイド剤で対処するのが一般的です。

原因:特定の食べもの、食品添加物、抗生物質などの薬剤、植物、虫などに対するアレルギー反応

チェック法:かゆみを伴う赤い発疹が一時的に現れる
治療法:薬物療法

関連する病気: じんま疹

【まとめ】

アレルギーが原因のかゆみの場合、症状を何度も繰り返したり、慢性化したりすることもあります。治療のためには、アレルゲンとなる物質を特定することが第一歩。アレルギーが疑われる場合は、早めに医師による検査を受けた方が良いでしょう。また、アレルゲンとなる物質を食べたり、吸い込んだりしたあと、急激に全身に現れる「アナフィラキシー症状」の一つとして、かゆみが現れていることもあります。咳や息苦しさ、目のかゆみ、むくみ、腹痛、嘔吐、血圧低下などの症状を伴う場合はショック症状を起こして意識を失うなど命に関わることもあります。一旦症状が治っても、また再発することもありますから、早めに医師に相談し、日常生活にも気をつけて過ごしましょう。

そのかゆみはアレルギーが原因かも? 肌のかゆみをおこす5つの病気の詳細

 アレルギー性の機序(仕組み)によるものが薬物性肝障害の大半を占めます。副作用を生じる人は特定の薬物に対する感受性が高いのですが、最初に使用する前に副作用が生じることを予測をすることは困難です。これに...
 10円硬貨くらいの大きさの湿疹がいくつも現れ、強いかゆみがあります(図3)。
 皮脂が減っていくのに伴って皮膚が乾燥した状態を乾皮症と、さらにかゆみと皮膚炎が加わったものを皮脂減少性皮膚炎と呼びます。
 お年寄りに多くみられます。かゆみを伴った皮膚の赤み(紅斑(こうはん))と、そのなかに大型の水ぶくれ(水疱(すいほう))が出てくる病気で、体のどこにでも現れます。水ぶくれが破れたあとのびらん(ただれ)...
 四肢の関節部、陰部などに、紫紅色で平らに盛り上がった発疹ができる病気で、かゆみがあります。
 手足、股部を除いた皮膚に生じる白癬菌(はくせんきん)感染症で、頻度は全白癬患者の7%程度です。  足(あし)白癬のある人に発症することが多いので、その放置が問題になります。また不潔、多汗などの皮膚の...
 疥癬は、ヒゼンダニ(疥癬虫(かいせんちゅう))と呼ばれるダニが皮膚表面の角質層に寄生して起こる感染症です。  肌と肌が直接触れることで感染するため、これまでは性行為に伴う感染が多かったのですが、近年...
 かゆみの強い慢性の湿疹で、増悪(ぞうあく)や軽快を繰り返します。多くの場合、アトピー素因(気管支喘息(ぜんそく)、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質)をもつ人に生じます。...
 皮膚の血管から水分がもれて浮腫(ふしゅ)(むくみ)を形成する結果、かゆみを伴った紅斑や膨疹(ぼうしん)(境界がはっきりした扁平な隆起)が出没する疾患です。数日以内におさまる急性じんま疹と1カ月以上出...
 抗原になる物質が皮膚と接触することにより皮膚にアレルギー反応が起こり、かゆみを伴う紅斑や丘疹(きゅうしん)などがみられます。接触後に皮膚に光が当たって初めて症状が現れるものを光接触(ひかりせっしょく...

「かゆみ」に関するおすすめ記事

そのかゆみはアレルギーが原因かも? 肌のかゆみをおこす5つの病気の関連コラム

おしゃれのつもりがはた迷惑に…アレルギーを起こす香りつき柔軟剤

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 香りのマナーに今、注目が集まっています。自分では、お気に入りの香りだと思っていても、人に迷惑をかけたり、アレルギーの元になっていることも! あなたは、大丈夫ですか? ...

続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴    血液型 よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。  カ - goo Wikipedia (ウィキペディア) ...

続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

抗アレルギー薬による「眠気」と「効き目」は、関係がないことが明らかに。無用な眠気は避けましょう。...

続きを読む

アレルギーマーチ

アレルギー疾患にかかりやすい人(とくに小児)が、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などを次々と発症すること。1つの疾患を抑えると別の疾患が出てくるようになり、あたかもアレルギー疾患が行進して連なるような印象から、こう呼ばれること...

続きを読む

アトピー、蕁麻疹はかゆみのコントロールが大切!-乳幼児[アレルギー性の病気]対処法

アトピー、蕁麻疹はかゆみのコントロールが大切!-乳幼児[アレルギー性の病気]対処法 出典:株式会社法研「らくらく育児百科」 総監修:細谷 亮太 聖路加国際病院特別顧問 小児総合医療センター長 アトピー性皮膚炎 かゆみのコントロールが...

続きを読む

肌がかゆいのは乾燥肌が原因? かゆみを防ぐ4つのセルフケア法

自分に合う保湿剤をみつけてこまめに塗り、部屋の湿度に気を配りましょう...

続きを読む

【図解付き】免疫機能の乱れによる不調・アレルギー反応が起こるしくみ

【図解付き】免疫機能の乱れによる不調・アレルギー反応が起こるしくみ 外敵から自分を守る免疫が、一転して病気の原因になってしまう場合もあります。 出典:株式会社法研「からだと病気のしくみ図鑑」 監修:川上 正舒 自治医科大学名誉教授 地域...

続きを読む

アレルギー性鼻炎は気管支ぜん息の危険因子? 早期治療が肝心

アレルギー性鼻炎を治療すると、ぜん息発作の予防になり、ぜん息を併発している場合は症状が改善される...

続きを読む

突然発症する大人のアレルギー 症状や種類について 予防法はある?

今までアレルギーがなかった人でも、大人になってから突然発症することがあります。大人のアレルギーについてまとめました。 体の免疫反応が異常に働くのがアレルギー 体には、自分で自分の体を守る「免疫」という機能が備わっています。例...

続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

(編集・制作 gooヘルスケア) 出典:「国立成育医療研究センター」世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連) 赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしな...

続きを読む