インフルエンザの詳細

 流行するインフルエンザの原因ウイルスにはA型とB型があります。ともに、変異といって少しずつ形を変える性質があるため、私たちは十分な抗体を作ることができず、何度でも感染してしまうのです。
 インフルエンザは、一般にもよく知られるウイルス感染症です。ヒトのインフルエンザウイルスは1933年に分離され、ワクチンが実用化され改良が続けられていますが、今なお、世界中で流行がみられ、毎年問題とな...
 インフルエンザウイルスの感染による炎症です。ヒトからヒトへ感染しやすく、数年に一度大流行が起こります。また、気管支炎や肺炎だけでなく、心不全や脳症などを併発し、死亡率の高い病気です。高齢になるほど、...
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こるウイルス性呼吸器感染症です。世界中で、全年齢にみられる普遍的で最も頻度の高い重要な病気で、小児と高齢者で重症化しやすいとされています。流行の規模...

インフルエンザの関連コラム

インフルエンザ流行の危機? もしも発熱したらどうすればいい?

秋・冬に向けて大きな流行が起こる可能性が。乳幼児、妊婦、高齢者などは重症化の危険...

続きを読む

パンデミックインフルエンザ警報フェーズ

フェーズ(phase)とは変化や発展の段階を表すことば。「パンデミックインフルエンザ警報フェーズ」は、WHO(世界保健機関)がインフルエンザのヒトの感染リスクを1から6の数字で段階的に示したもの。数字が大きいほどリスクが高く、フェーズ3〜5...

続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

季節性インフルエンザと新型インフルエンザ。日常生活でできる予防&周囲の人にうつさない方法...

続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか? 風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、...

続きを読む

アロマオイルで風邪・インフルエンザを予防しよう-アロマの使い方

強壮作用のあるローズマリー、免疫力をアップさせるオタネニンジン、殺菌作用のあるティートリーを用いて...

続きを読む

風邪やインフルエンザに負けない体づくり-予防方法と生活習慣

かぜをひきやすい人、ひきにくい人がいるのは免疫力の違い。免疫力を高める生活習慣とは?...

続きを読む

「新型インフルエンザの恐怖」を冷静に考えよう

 インフルエンザの被害は甚大で、これに関連する死亡は米国では年平均2万数千人、日本で1万人強といわれています。ところが、新型インフルエンザが蔓延すると、日本では50万人〜100万人が亡くなるという見込みを厚生労働省が出しました。しかし、どう...

続きを読む

インフルエンザの重症化を防ぐには-重症化のリスクが高い人とは

新型インフルエンザ感染拡大防止に加え、重症化予防策が大きな課題に。持病のある人や妊婦などは特に注意を...

続きを読む

漢方はインフルエンザやがんの治療にも活躍するー誤解の多い漢方薬

漢方の有効性や医療経済的な効果が広く知られていない。慢性疾患だけでなく急性期治療や最新医療でも効果。西洋医学と漢方を融合したわが国独自の「日本型医療」を。 保険適用から外されそうになった漢方 2009年11月、内閣府の行政刷新会...

続きを読む

インフルエンザ脳症

インフルエンザをきっかけに起こる脳症のこと。ウイルスが脳に入り込むわけではないのに脳が腫れ、頭の中の圧力が高まって脳機能が低下し意識障害などを起こすもの。脳に直接xxウイルスxxが入って炎症を起こすものは脳炎という。ライ症候群などいくつかの...

続きを読む

インフルエンザ関連のニュース

インフルエンザ関連リンク

goo検索で調べよう

寒く乾燥した季節に最も活発になるインフルエンザ。適切な予防と対処法を知ってウイルスを撃退しましょう。ここでは風邪と違う3つの初期症状とインフルエンザの見極め方、かかったときの対処法、予防法や検査について紹介します。

インフルエンザを見極める3つの初期症状

インフルエンザかなと思ったらすぐ受診しましょう

インフルエンザは潜伏期間が1〜5日間と短く、普通のかぜに比べ急激に発症して、しかも症状が重いのが特徴です。 インフルエンザが流行しているこの時期、次の症状がある場合は、インフルエンザの可能性を考え、早めに受診しましょう。

  • 突然、38℃以上の熱が出て下がらない
  • 熱っぽくて倦怠感が続き、関節痛や筋肉痛、頭痛がすることもある
  • 寒けが続き、せき、鼻水、くしゃみ、のどの痛みなどがでてきた

高齢者のインフルエンザ

加齢のため体の抵抗力が弱い*高齢者は、健康な成人に比べて2倍ほどウイルスに感染しやすく、インフルエンザにかかると肺炎を起こしやすくなります。*また、感染しても、高熱やその他のはっきりした症状が現れないことがあります。咳が続く、息苦しさ、呼吸が早くなる、息遣いが荒いといった症状がみられたら、インフルエンザの注意信号です。

子どものインフルエンザ

高熱が出たときは、熱の高さよりも他の症状がないかどうか、注意をすることが大切です。1.けいれんを繰り返す 2.呼びかけても反応しない 3.意味不明な言動がある 4.呼吸困難がある 5.唇が乾いている、皮膚が乾燥している、尿の色が濃いなどの脱水症状がある 6.嘔吐や下痢をするなどの症状がみられた場合は、脳炎や脳症を起こしている可能性があるので、すみやかに病院を受診するようにしてください。

インフルエンザの検査と診断

咽頭ぬぐい液や鼻汁材料を用いた、インフルエンザの抗原検出キットで10〜15分の短時間に判定 することができ、A・B型の判別も可能です。

血清反応による診断では、発症時と2〜4週後のペア血清でCF(インフルエンザ共通抗原)、HI(型特異的抗原)抗体価の有意な上昇でわかります。臨床ウイルス学的にはウイルスの分離を行い、流行株の抗原的性状を解析します。

インフルエンザを発症したときの対処法-発症から48時間以内の服薬がカギ

日本では、1998年からインフルエンザに対する治療薬として抗インフルエンザ薬が用いられるようになりました。この薬の重要なポイントは、症状に気づいたら、できるだけ早く、 発症してから48時間以内に薬を使い始めること です。服用後、24時間以内から効き始め、発熱が続く期間を1〜2日は短縮できるとされています。

妊娠中や小児への服用は慎重に

A型インフルエンザの治療薬として使われる塩酸アマンタジンは、催奇性(胎児に奇形を引き起こす性質)が疑われるデータがあるため、 妊娠中、または妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性は禁忌となっています。

またA型、B型の両方のインフルエンザに有効なノイラミニダーゼ阻害薬には、吸入薬のザナミビル(商品名リレンザ)と経口薬のリン酸オセルタミビル(商品名タミフル)があり、これらは妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断した場合にだけ投与することになっています。

インフルエンザ予防法4つ-うつさないための対策とは

  1. 流行時はできるだけ人ごみを避け、外出時はマスクをつける

マスクによりウイルスを含む飛沫(ひまつ)を吸い込まない効果、のどや鼻の粘膜の乾燥を防いでウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。

  1. 外出から帰ったら、手洗いとうがいをしっかり
    • 手洗いは石けん、流水でていねいに。ウイルスは手についていることが多く、その手で触わることで目や鼻、口の粘膜からも感染しやすい。お化粧前にもしっかり手洗いを。
    • オフィスなどの出入り口に消毒用アルコールが置かれていたら、利用する。湿った手では殺菌効果が弱まるため、手洗い後でなく乾いた手で。
    • うがいでのどを清潔に保ったり、粘膜を鍛えることで、ウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
  2. 日頃から栄養バランスのよい食事、十分な休養・睡眠をとり、体の抵抗力を高めておく
  3. 室内は適度に保温・保湿し、換気をよくする

そして、感染したかなと思ったら、人にうつさない配慮をしましょう。

  1. 感染したら外出を控え、無理をして職場や学校に行かない
  2. せきエチケットを守る
    • せきやくしゃみが出るときは必ずマスクを着用
    • マスクがないときはティッシュペーパーなどで鼻と口を押さえる
    • 他の人に向ってせきやくしゃみをしない
    • せきやくしゃみを手のひらで受け止めたときはすぐに手を洗う など

インフルエンザの予防接種で重症化を防ぐ

インフルエンザの予防に最も効果が期待できるのは、 流行前に予防接種を受けることです。 あらかじめウイルスに対する免疫力を備えておくと、確実に、インフルエンザの重症化を防ぐことができます。

ワクチンは体内で免疫反応により抗体を作って防御するため、接種してから効果が現れるまで、ある程度日数がかかります。インフルエンザワクチンの場合、効果が現れるのは、通常、接種してから2週間後といわれています。さらに免疫の効果が頂点に達するのは4週間後で、効果は5カ月間持続するといわれています。