口内炎の詳細

 口内炎とは、ひとつの病気(疾患)を指す言葉ではなく、口のなかの粘膜に生じる炎症を総称したもので、炎症が比較的広範囲あるいは散在性に生じたものをいいます。口内炎が特定の場所に限局している場合は、舌炎(...
 口内炎とは、口腔の粘膜に炎症性の病変が生じた疾患の総称で、これにはさまざまなものが含まれています。

口内炎の関連コラム

口内炎の痛みを早く抑える方法ー市販薬の選び方|NGな食べ物とは?

口内炎ができると、食事が楽しめずとてもやっかい。できれば痛みはすぐに抑えて、治したいもの。口内炎の改善法をご紹介します。 ほとんどの口内炎が「アフタ性口内炎」 食事の時や、飲み物を飲むたびにしみて痛みを感じる口内炎。できてし...

続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

最も多いアフタ性口内炎は原因不明。大きくなったり、なかなか治らないときは受診を...

続きを読む

なかなか治らない口内炎は重い病気のせいかも…口内炎の種類と原因

いつもの口内炎より治りにくい、痛みが強いなど、違和感があれば病気の可能性も。口内炎からわかる病気についてまとめました。 白くて丸いものができる アフタ性口内炎 食事はもちろん、話す時も痛みを感じる口内炎。一般的な口内炎は、白...

続きを読む

アフタ性口内炎、鵞口瘡

アフタ性口内炎  原因不明の口内炎で、20〜30代の年齢層に多くみられます。アフタは痛みを伴い、1個だけのことも、多発することもあります。治療は、うがいをよく行うとともに、ステロイドの軟膏や貼り薬を用います。通常1〜2週間で治りますが、再発...

続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

口内炎は日ごろの生活ぶりへの警鐘と受けとめ、ゆっくり休養、たっぷり睡眠を...

続きを読む

口内炎関連のニュース

goo検索で調べよう

口内炎とは、口腔の粘膜に炎症性の病変が生じた疾患の総称で、これにはさまざまなものが含まれています。原因は細菌、ウイルス、アレルギー、薬剤などさまざまですが、原因が特定できないものも多く、中には重大な病気が潜んでいる場合もあります。口内炎の原因や対処法、疑われる病気などまとめて解説します。

口内炎の原因と4つのタイプ

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。

口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代表的なものは次の3つです。

◯アフタ性口内炎
最も多くみられる口内炎です。表面が白っぽく周りが赤い円形の潰瘍(かいよう)が1〜数個できて痛みます。10日から2週間ほどで自然に治りますが、再発することも少なくありません。
原因ははっきりわかっていませんが、疲労やストレス、睡眠不足、口内の不衛生、ビタミンや鉄分の不足などが影響しているのではないかと考えられています。

◯ウイルス性口内炎
ウイルス感染によるもので、「単純ヘルペスウイルス」による口唇ヘルペスが多くみられます。くちびるや口内に小さな水ぶくれができ、強い痛みや発熱が見られることもあります。再発をくり返すのが特徴です。

◯カタル性口内炎
熱いものを口にしてやけどしたり、入れ歯や歯列矯正器具が当たったり、頬の内側を噛んでしまったときなどの物理的な刺激で生じます。粘膜が白くなったり、赤く腫れて痛みます。

◯口腔カンジダ症
カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖(疲労などによる免疫力低下による)が原因。口のなかに白い苔状のものができ、放っておくと口全体に広がるが、痛みはあまりない。まれに粘膜が赤くなる場合も。

このほか、アレルギー性の口内炎、ヘビースモーカーがかかりやすいニコチン性の口内炎などがあります。これらは見た目もアフタ性口内炎とは異なります。また、一部の人では、歯磨き剤に含まれる発泡成分であるラウリル硫酸ナトリウムが原因になることもわかっています。
アフタ性口内炎以外の、原因がはっきりしている口内炎は、原因を取り除くために早めに内科や耳鼻咽喉科、歯科などで相談をしてください。

口内炎の予防と改善法

局所的には、うがい薬や軟膏が用いられます。ウイルスや真菌感染のように原因がわかっている場合には、それぞれに効く薬を使用します。全身的な病気によるものでは、それぞれに応じた薬を服用しますが、その場合でも口のなかを清潔にすることが大切です。

口内炎の予防と改善は、次のことをこころがけましょう。

(1)まず口の中を清潔に。毎食後に歯磨きやうがいで常に清潔にする。また口の中が乾かないようにする。
(2)疲労・ストレス・睡眠不足に気をつけて。ゆっくりと休養をとって、睡眠を十分に。
(3)バランスのよい食生活を。とくに緑黄色野菜をたっぷり、ビタミンB群やCを含む食品を積極的にとって免疫力アップを。
(4)禁煙し、アルコールを控える。

それでもできてしまったら、「睡眠は十分か?」「栄養バランスはとれているか?」「ストレスをためていないか?」など日ごろの生活を見直すようにすれば、病気を予防することもできるかもしれません。そうなると口内炎は厄介者どころか、無理をしないよう警告を発してくれるありがたい存在!口内炎ができたら生活と健康を見直すよいチャンス、健康管理に利用しない手はありませんね。

口内炎予防のために積極的にとりたい食材

口内炎予防のためには、バランスの取れた食生活が大切です。主な緑黄色野菜や、積極的に摂ってほしいビタミンB群やCを多く含む食品を以下にあげます。

◯主な緑黄色野菜
アスパラガス、オクラ、カボチャ、小松菜、さやいんげん、さやえんどう、ししとう、春菊、シソ、チンゲン菜、トマト、ニラ、ニンジン、バジル、パセリ、パプリカ、ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、三つ葉、ルッコラ

◯ビタミンB群
B1、B2、B3、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどがあります。神経や精神にかかわる栄養素で、糖の代謝や、アレルギー、目の働き、学習能力などさまざまな機能に関係しています。

  • 多く含まれる食べ物
    B1……豚肉、キノコ、ピーナッツ、ウナギ、ゴマなど。
    B2……レバー、牛乳、シイタケなど。
    B6……牛肉、豚肉、鶏肉など。
    B12……レバーなど。

◯ビタミンC
体内には、総量で1500〜4500gのビタミンCが各組織に貯蔵されていますが、Cが不足すると、ストレスに弱くなったり、胃腸の調子が悪くなったりします。特に、便秘をしやすい、肌荒れに悩んでいる、カゼをひきやすい、タバコを吸う人、ストレスが多い人にはマストなビタミン。

  • 多く含まれる食べ物……ブロッコリー、芽キャベツ、ホウレンソウ、ピーマン、レモン、イチゴなど。

口内炎だと思っていたら、「がん」や全身性の病気の場合も

口内炎だと思って放っておいたら別の病気だった、実は「がん」だったというケースもあります。特に次に挙げる病気は口内炎と間違えやすいので注意が必要です。

◯口腔がん
口腔(口の中)にできるがんで、症状は口の中の痛みや違和感、しこりや腫れ、出血などです。初期には痛みも軽度で口内炎や歯肉炎と間違えられることがあります。

◯白板症
口の中の粘膜の一部が白く変化して、小さいものは口内炎と区別がつかないことがあります。次第に大きくなり、がん化することもあります。

◯ベーチェット病
免疫の異常による全身性の病気です。口の中の粘膜に潰瘍ができ、アフタ性口内炎とほとんど見分けがつきません。目や陰部、皮膚などにも症状が起こります。

口内炎の場合は、硬くなったり大きくなることはほとんどありません。しこりや厚みを感じたり、大きくなったり、ひと月も治らないような場合は、かかりつけ医や耳鼻咽喉科などを受診することをおすすめします。

口の端が切れる口角炎にも注意して

唇の端で上唇と下唇がつながる部分を口角といいます。口角がただれたり、切れたりした状態を口角びらんといいます。普通は、左右の口角に同時に生じることが多いようです。

口角炎の原因

ビタミンB群の不足や貧血、糖尿病などの全身的な病気が原因で生じます。また、唾液の分泌が減って口のなかが乾いたり、口角をなめる癖のある場合に生じることもあり、入れ歯を無理矢理押し込んだり引っ張り出したりすると生じることもあります。大きく口を開けて物を食べたりした時に口角が切れてしまうこともあります。

口角は話や食事をする時に必ず動くところなので、口角びらんを生じると動かすたびに痛みを感じますし、酸っぱいものや醤油などがしみたりします。日常生活でよく動かすところなので、治りにくいのが困るところです。

口角炎の治療方法

原因になった全身的な病気を治すことが先決です。ビタミン剤や鉄剤の服用が有効であることが多いのですが、糖尿病によって抵抗力が低下している場合には、抗生物質や抗真菌薬の入った軟膏を塗ったりもします。また、1週間くらいは大きく口を開けないように注意して生活することも必要です。

大きく口を開けたために口角が切れてびらんを生じた場合には、ステロイド含有の軟膏を塗ってもよいのですが、化膿している場合にはむやみに軟膏を塗らないほうがよい場合もあります。カンジダ菌の感染を生じていることがあり、その時は、抗真菌薬の軟膏が有効です。