胃がんは、胃の内側の粘膜から発生する悪性腫瘍で、世界的にみて日本人に非常に多いがんです。早期診断と治療法の進歩により、胃がんによる死亡数は年々減少していますが、部位別死亡数では男女とも肺がんに次いで第2位。今もなお、死亡者数の多いがんです。

胃がんとはどんな病気?

胃がんは、胃の悪性新生物の95%を占める上皮性(じょうひせい)(粘膜由来(ねんまくゆらい))の悪性腫瘍で、 日本では肺がんに次いで死亡率の高いがん です。 男女比は2対1 と男性に多く、男女とも 60代に発症のピーク があります。

がんの深達度 (しんたつど)(深さ:漿膜側(しょうまくがわ)への広がり)により 早期がんと進行がんに分類 されますが、早期胃がんは大きさやリンパ節への転移の有無に関係なく、深達度が粘膜内または粘膜下層までにとどまるものと定義されています。日本は、世界的にみても早期発見の技術や手術成績が優れており、近年の有効な抗がん薬の開発も相まって胃がんの治癒率は明らかに改善しています。決して、進行がん=末期がんではありません。

胃がんの原因とは?

胃がんの発生には、環境因子の影響が強いと考えられています。最近になって、 ヘリコバクター・ピロリ (Hp:ピロリ菌)と呼ばれる細菌が胃のなかにすみ着いて胃がんの原因になっていることがわかってきました。

この菌は、 50歳以上の日本人の約8割が保菌 しています。Hp陽性の患者さんで粘膜の萎縮の強い人は、萎縮のない人に比べて 5倍も胃がんになりやすい とされています。ただし、Hp陽性者が胃がんに移行する確率は0・4%と低く、ヒトでは Hp感染だけでは胃がんにはならず 、Hpによって萎縮性胃炎が進行したところにさまざまな発がん因子が積み重なり、胃がんが発生すると考えられています。

一方、胃がんの発生は 食生活に関係がある といわれています。 たばこ、高塩分食、魚や肉などの焦げ は発がん促進因子とされており、逆に 緑黄色野菜に含まれるビタミンA、C、カロチンは発がん抑制因子 とされています。

胃がんの症状とは?

胃がんに特有な自覚症状はありません。 早期胃がんの多くは無症状で、一般には 上腹部痛、腹部膨満感 (ふくぶぼうまんかん)、 食欲不振 を契機に、X線造影検査や内視鏡検査で偶然に発見されます。

進行がん になると 体重の減少下血や吐血 などがみられ、触診で、 上腹部にでこぼこの硬い腫瘤 (しゅりゅう)を触れることもあります。腹水がたまったり、体表にリンパ節が触れるような場合は、がんが全身に広がったことを示し、このような場合は手術の対象にはなりません。

胃がんの検診は何歳からするべき? どんな検査があるの?

初期の胃がんには、特有の症状はありません。 定期的に胃がん検診を受けて、早期発見に努めることが大切 です。一般的には、男女ともに 40歳以上は年に1回 、胃がん検診を受けることがすすめられています。

胃の主な検査方法には、 「胃X線検査」「胃内視鏡検査」 がありますが、最近は胃がんのリスクを調べる検査として 「ペプシノゲン検査」「ヘリコバクターピロリ抗体検査」 があります。

○胃X線検査(二重造影法)
造影剤(バリウム)と発泡剤を飲んで、胃粘膜にコントラストをつけ、粘膜面の異常を見つけるX線撮影検査です。早期胃がんの発見と診断に有用です。

○胃内視鏡検査
胃粘膜の様子を鮮明に直接観察できるので、小さな病変も発見可能で、その形態や広がり方などを具体的に観察することができます。そのため早期胃がんが見つかりやすくなります。

また、胃の中を観察するだけでなく、病巣から組織を採取し、顕微鏡で詳しく検査する生検を行うことができます。 ヘリコバクターピロリ菌の感染の有無 も調べられます。ただし、一般的な胃内視鏡検査は、口から内視鏡を挿入する「経口内視鏡検査」であり、 嘔吐反射が起きやすく 、苦手な人も少なくありません。

○経鼻内視鏡検査
最近では、「経鼻内視鏡検査」が行われることが増えています。経口内視鏡検査に比べ、内視鏡の管が約半分の太さであること、さらに鼻から入るので、舌に触れないため嘔吐反応が起こらず、患者さんの苦痛を軽減できます。

「経口内視鏡検査」と同様に、胃の中を観察するだけでなく、病巣から組織を採取し、顕微鏡で詳しく検査する生検を行うことができます。

患者さんは検査中も医師と会話することができるので、モニター画面を見ながら、食道や胃、十二指腸の様子を確認し、質問することも可能です。

○カプセル内視鏡検査
少し大きめの薬剤のような形のカプセル内視鏡を飲み込むと、消化管内をぜん動運動によって進みながら、1秒間に2枚以上の画像を撮影し、専用のデータレコーダに画像を転送します。約8時間撮影を続けたカプセル内視鏡は、排便時に排出されます。

これまで難しいといわれた小腸内部の撮影が可能になり、見つかりにくかった 小腸のポリープや潰瘍 などの発見が期待されています。

患者さんの苦痛は軽減できますが、特定の位置の観察は困難で、観察と同時に生検を行うこともできません。ただし、未だ日本では病気が疑われる場合においても、カプセル内視鏡検査が保険適用となっているのは小腸の検査のみで、食道、胃、大腸は適用外です。

○ペプシノゲン検査
胃がんの発生と関係の深い 萎縮性胃炎の有無を調べる血液検査 です。ペプシノゲンという消化酵素の量を血液検査によって調べます。ペプシノゲン検査(萎縮性胃炎)の 陽性判定の場合は、胃がんになる可能性がある ので、定期的な胃がん検診を受けましょう。

○ヘリコバクターピロリ抗体検査
胃がんの発生と関係の深い ヘリコバクターピロリ菌感染の有無 を調べる血液・尿検査です。へリコバクターピロリ菌に対して、体内で作られる抗体の量を血液・尿検査によって調べ、基準値に照らし合わせてピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。

○血液検査で胃がんのリスク判定—ABC検診
最近では、胃がんのリスク判定ができるABC検診が進められています。ABC検診とは、「ペプシノゲン検査」と、「ヘリコバクターピロリ抗体検査」を組み合わせたものです。この検査でリスクが高いと判断された場合は、内視鏡検査をすすめられます。

胃がんのステージ別の治療法方法|切除後の生存率とは?

胃がんにかかわらず、がんの治療方法は病期によって決まります。病期はがんの深達度と広がりの程度によってI期からIV期に大きく分類され、深達度とリンパ節への転移に応じてI期はIAとIBに、III期はIIIAとIIIBに亜分類されます。

2004年に、日本胃癌学会が病期に応じた標準治療のガイドライン(第2版)をまとめて、広く一般にも公開しています。とくに、 IA期 に対する 内視鏡的粘膜切除術は患者さんへの肉体的負担が少ない こと、胃の機能が温存できること、また入院期間も短いことから日本では積極的に行われています。

最近では、 ESD (内視鏡的粘膜下層剥離(ねんまくかそうはくり)術)という方法も広く行われるようになり、大きい病変をひとかたまりで切除することができる時代となりました。

手術不能な胃がんに対する 抗がん薬治療 は、いくつかのベストサポーティブケア(BSC:抗がん薬を使用しない対症療法)との比較試験の結果、明らかな延命効果が証明されています(生存期間中央値がBSCの3〜4カ月に対し、抗がん薬治療が10カ月)。しかし、具体的な薬剤の選択や投与法に関しては、いまだ研究段階にあり、経験豊富な施設、医師のもとでの治療がすすめられます。

胃がん全体の 5年生存率は、1963〜1969年の統計では44% でしたが、 1979〜1990年の統計では72% と明らかに改善しています(国立がんセンター)。

病期別の 5年生存率はI期92%、II期77%、III期46%、IV期8% (がん研究振興財団編「がんの統計1999」)となっています。

治療法の進歩にもかかわらず、 治癒切除例の5年生存率が88%、非治癒切除例の5年生存率が11% であるのに対し、切除不能例の5年生存率は2〜3%と不良で完治は困難です(国立がんセンター)。内視鏡的切除例の5年生存率は、対象がIA期に限られていることもあり、80〜95%と外科切除と同等に良好です。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対してはHpの除菌療法が標準治療となっていますが、Hpの除菌によって胃がんの発生が抑えられるかどうかについては、現在、精力的に研究が進められています。ポジティブな結果が待たれますが、明確な答が出るには時間がかかりそうです。

あなたの胃は大丈夫? こんな症状があったら要注意のチェックリスト

胃の不調がすべてがんにつながるわけではありません。胃炎や胃潰瘍かもしれませんし、とくに治療を必要としない場合もあるでしょう。実際、病院へ行くほどの症状でもなく、市販薬で対処している人も多いようで、薬局に行くと胃薬の種類の多さに驚かされます。

しかし、市販薬でいっとき症状が治まっても、すぐにくり返す人も多いのではないでしょうか。そんな人は胃の不調の原因が何なのか、一度きちんと調べておいたほうがよいでしょう。もし、 次のような症状が続く場合は、専門医に相談し、検査を受けることをおすすめします。

○胃がもたれる
○胃がムカムカする
○胸やけがする
○頻繁に胃が痛む
○食欲がない
○胃やおなかに膨満感がある
○酸っぱいゲップが出る
○ものを飲むとつかえる感じがする
○おなかが張っておならが臭い
○便秘と下痢を繰り返している など

毎日の食事と生活の注意で胃を守ろう

胃炎や胃潰瘍とピロリ菌との関係が明らかになったとはいえ、胃の不調を改善するには、やはり 毎日の食事と生活の見直しが不可欠 です。次のようなことを心がけ、あなたの胃を守りましょう。

○寝る前に食事をしない。朝食を抜かない
○脂っこいものは胃の中に長く留まるので食べすぎない
○激辛の香辛料、塩辛いものや味の濃いもの、コーヒーなどは胃酸の分泌を促すため、空腹時は避け、とりすぎに注意
○野菜、果物を多くとる
○空腹時のアルコールは避け、飲みすぎ注意。アルコール度の高いものは薄めて
○タバコはやめる。それが無理なら減らす
○睡眠と休養は十分にとり、規則的な生活をする
○適度の運動をし、ストレスの解消を図る

胃腫瘍 胃がんの詳細

 胃には、良性から悪性まで多様な腫瘍が発生しますが、臨床的に問題となる悪性腫瘍の95%程度は胃がんです。そのほかでは、リンパ腫や消化管間質腫瘍(しょうかかんかんしつしゅよう)(GIST)などが代表的な...
 胃がんは、胃の悪性新生物の95%を占める上皮性(じょうひせい)(粘膜由来(ねんまくゆらい))の悪性腫瘍で、日本では肺がんに次いで死亡率の高いがんです。男女比は2対1と男性に多く、男女とも60代に発症...

胃腫瘍 胃がん関連リンク

goo検索で調べよう