肝硬変の詳細

 肝硬変は、長年にわたる肝機能の悪化の末、肝臓の終末像としてみられる病態です。具体的には、肝臓全体が線維化により萎縮し、小さくなり、岩のように硬くなることからこの名前がつけられました。その原因は、B型...
 肝硬変は、ひとつの独立した疾患というよりも、種々の原因によって生じた慢性肝炎(まんせいかんえん)が治癒しないで、長い経過をたどったあとの終末像であって、その肝病変は一般に非可逆的(元にはもどらない)...

肝硬変の関連コラム

肝硬変のスクリーニング精度(肝臓・胆嚢・膵臓の病気)

<br>肝がんの前がん病変である肝硬変を通常の肝機能検査項目によって効率よく発見するために、①ALT(GPT)値が35を超える、②血小板数が12・5万/μℓ未満、③アルブミン値が3・5g/㎗未満の3... 続きを読む

【図解付き】肝臓の病気・慢性肝炎・肝硬変・肝がん・急性肝炎

肝臓は胆汁の生成をはじめ、糖質やたんぱく質、脂肪などの栄養素の分解・合成と貯蔵、有害な物質の無毒化・排泄、各種ビタミンの活性化および貯蔵など、数多くの仕事をこなしています。そのほとんどは、肝臓の体積... 続きを読む

肝硬変が原因で亡くなった芸能人【芸能人の健康まとめ】

肝硬変が原因で亡くなった芸能人 ・榎本健一(満65歳没) ・藤山寛美(満60歳没) ・春日八郎(満67歳没) ・乙羽... 続きを読む

肝硬変関連のニュース

肝硬変関連リンク

goo検索で調べよう

肝硬変とは、肝細胞が壊死と再生を繰り返すうちに、線維が増えてきてこぶのようなものをつくり、肝臓が硬くなっていく病気です。こうなると肝臓内の血流が悪くなり、さらに肝機能が低下。また、肝がんに進展することもあります。

肝硬変とはどんな病気?

肝硬変は、長年にわたる肝機能の悪化の末、 肝臓の終末像 としてみられる病態です。具体的には、肝臓全体が線維化により 萎縮し、小さくなり、岩のように硬くなる ことからこの名前がつけられました。その原因は、 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルス によるウイルス性のものと、 アルコール (飲酒)によるものがほとんどです。

肝硬変になると進行の程度によってさまざまな症状が現れ、最終的には肝臓が機能しなくなる 肝不全 に陥り、生命が脅かされます。たとえば、 眼や皮膚が黄色くなる (黄疸(おうだん))、 おなかが張って体重が増える (腹水)、 足や体がむくむ (浮腫)、などです。また、破裂すると吐血や下血を引き起こす食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)、アンモニアが高値となり手が震え(羽ばたき振戦(しんせん))、ひどくなると意識障害を来す肝性脳症(かんせいのうしょう)も注意が必要です。

肝硬変の原因とは?

肝硬変の原因としては、
(1)ウイルス性、
(2)アルコール性、
(3)自己免疫性、
(4)薬剤・毒物性、
(5)胆汁(たんじゅう)うっ滞性(たいせい)、
(6)うっ血性、
(7)栄養・代謝障害性、
(8)感染症(寄生虫を含む)

など、多岐にわたることが知られています。
日本の肝硬変では 肝炎ウイルス(C型、B型) によるものが最も多く、次いで アルコール によるものの順になっています。ウイルス性肝硬変では、C型肝炎ウイルス(HCV)によるものが大半を占めています。

  • B型慢性肝炎… B型肝炎ウイルス(HBV)の感染が持続することによって起こる病気。HBVは血液感染および性交渉などにより感染しますが、持続感染者のほとんどは生後早期に感染したケースです。
  • C型慢性肝炎… C型肝炎ウイルス(HCV)に感染し、肝機能の異常が持続的に続く病気。進行はゆるやかで、C型慢性肝炎だけでは命にかかわることはありませんが、放っておくと10〜30年かけて確実に肝硬変、肝がんへと進行していきます。

肝硬変の症状とは?

肝硬変の症状の主なものは、肝細胞の 機能障害と門脈圧亢進 により生じます。 代償性肝硬変 では、自覚症状をほとんど訴えないことが多く、あっても軽微です。

肝機能障害が進行するとともに、肝臓の予備能力が低下してくると 非代償性肝硬変 になります。こうなると 全身倦怠感、脱力感、易疲労感、尿の色が濃く染まる、腹部膨満感、吐き気、嘔吐、腹痛 など、消化器症状を主とする全身症状を訴えることが多くなります。しかし、これらは必ずしも肝硬変に特徴的なものではありません。

さらに重症になると、 黄疸、腹水、吐血、肝性昏睡 など、続発症・合併症に伴う症状が現れるようになります。また、肝硬変の皮膚所見としては、黄疸のほかに、くも状血管腫(けっかんしゅ)、女性化乳房、手掌紅斑(しゅしょうこうはん)、皮膚の色素沈着、出血傾向、皮下出血、太鼓ばち状指、白色爪などが認められることが多く、診断上役に立ちます。

肝硬変になった肝臓は元に戻らない? 肝硬変の治療法

肝硬変になってしまった肝臓は、今の医学では正常な肝臓へはもどりません。そこで、今以上に肝硬変を悪化させないことが最も重要です。 肝硬変の主な治療法は以下の通りです。

生活指導
過労を避け、禁酒し、バランスのよい食事 をとり、 規則正しい生活 をするよう生活指導を受けます。

一般的な薬物療法
肝硬変そのものに対する治療薬はありません。肝障害の重症度に応じて、薬剤、漢方薬、ビタミン剤など、もしくは静脈注射を併用します。

ウイルス性肝硬変での抗ウイルス療法

肝性脳症(かんせいのうしょう)の治療
肝性脳症は肝疾患に伴う 精神神経症状 のことで、意識障害が昏睡に進行した場合を肝性昏睡(かんせいこんすい)といいます。そのほか、性格変化や知能低下などがみられます。

肝移植
2004年に肝移植対象疾患の保険適応が拡大されたことにより、B型およびC型肝硬変や肝がんに対する肝移植が増加しています。

合併症への対処
肝硬変の合併症としては、 食道静脈瘤肝がんが 重要です。

肝硬変の診療では、原因の確定、病態の重症度の評価と予後の予測、栄養評価とその対策、肝がんをはじめとする種々の合併症を視野に入れた適正な診断と治療対策、そして患者さんのADLとQOLの改善と長期維持を考慮した生活指導などが大切になります。

肝硬変については、診断技術の進歩や管理方法の向上ばかりでなく、合併症に対する治療についても著しく進歩してきました。したがって、肝硬変を慢性肝疾患の終末病態としてとらえるのは適切ではなくなってきています。