食物アレルギーの詳細

 卵や牛乳など特定の食物を摂取することにより、アレルギー(免疫)反応が生じ、皮膚や消化器、呼吸器などに病的反応を起こすものです。最も重大な反応は、血圧が下がって意識がなくなるアナフィラキシーショックで...
 食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る即時型(そくじがた)ですが、数時間以上経過してから湿...

食物アレルギーの関連コラム

見落としやすい食物アレルギー(魚卵、豆乳、ピーナッツなど)(アレルギー疾患)

●魚卵 <br>寿司を食べた直後のじんま疹やアナフィラキシーは、エビやイカ、マグロなどの魚介類が原因と考えられがちですが、魚卵のアレルギーが原因のことがあります。 <br>魚卵のなかでは、最も多くか... 続きを読む

食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能?

アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、食物アレルギーの患者... 続きを読む

食物アレルギー関連のニュース

食物アレルギー関連リンク

goo検索で調べよう

卵や牛乳など特定の食物を摂取することにより、アレルギー(免疫)反応が生じ、皮膚や消化器、呼吸器などに病的反応を起こすものです。最も重大な反応は、血圧が下がって意識がなくなるアナフィラキシーショックです。子どもに多い病気ですが成人にもみられます。原因は乳幼児では卵、牛乳、小麦が多く、成人では甲殻類(エビ、カニ)と魚が多いと報告されています。

食物アレルギーはなぜ起こるのか?

アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、 食物アレルギーの患者さんは先進国を中心に増えています。

人の体には、 細菌やウイルスのような異物を排除して体を守ろうとする免疫 というシステムがあります。ただ、異物であっても食べ物など体に必要なものは排除しないようにする仕組み(免疫寛容)があるため、私たちは動植物を食べ物とすることができるのです。しかし、この 免疫寛容が働かず、食べ物を異物として認識し、体が反応してしまうのが食物アレルギー です。

一般的な食物アレルギーでは、原因(アレルゲン)となる食べ物を食べた後、30分から2時間程度で、 じんましんが出る、唇やまぶたが腫れる、のどが腫れたりかゆくなったりする、のどがヒューヒューゼーゼーとなる (喘鳴:ぜんめい)、 嘔吐や腹痛、下痢 などの症状が出ます。 重症の場合には呼吸困難や意識障害、血圧低下などを起こし、命にかかわる場合があります。これをアナフィラキシーショック といい、アレルゲンが初めて体内に入ったときは起こらず、2回目以降に体内に入ったときに起こるものです。

最もよく現れるのは皮膚の症状で、9割近くの患者さんに出ます。呼吸器や粘膜の症状はそれぞれ2~3割で、アナフィラキシーショックは1割程度の患者さんが経験しています。一方、最近増えている口腔アレルギー症候群では、果物や野菜などを食べるとすぐに口の粘膜や唇、周辺の皮膚が腫れたり、赤くなったり、かゆみが出たりします。

食物アレルギーの症状-即時型と遅延型の違い

フードアレルギーには、発作やじんましん、 かゆみなどの症状が食べた直後にあらわれる「即時型」のほかに、もう一つ「遅延型」というタイプ があります。これは身体の中でじわじわと炎症を起こし、6時間~24時間後にさまざまな症状があらわれます。

即時型 では、 腹痛・下痢 などの消化器症状や じんま疹・顔面腫脹 (しゅちょう)などの皮膚症状、 鼻炎、結膜炎 (けつまくえん)、 気管支喘息 (ぜんそく)症状、 のどの詰まる感じ (喉頭浮腫(こうとうふしゅ))などが現れます。さらに重症になると血圧が低下し、アナフィラキシーショックを起こします。果物などのアレルギーでは初めに口唇のはれや口内のかゆみがみられ、口腔アレルギー症候群と呼ばれます。
遅延型 では食べ物により アトピー性皮膚炎などの湿疹が悪化 したり、 下痢 をすることがあります。

子どもの食物アレルギーの症状

◇症状

特定の食べものを食べたときに起こすアレルギー症状をまとめて「食物アレルギー」と呼びます。じんましんや、嘔吐、下痢、皮膚炎はいろいろです。

特定の食べものを食べてすぐから2時間くらいの間に起こることがほとんどです。しかし、食べて数時間たってから出る場合もあります。

なかには、食物アレルギーのためにショック状態になって、生命にかかわるようなケースもあります。一度でも重症のアレルギーを起こした子は、小児科医に相談してください。ショックを起こしたときの緊急用の注射などがあります。

◇手当て

食物アレルギーが疑わしいときは、かかりつけの小児科医に相談してください。皮膚症状に加えて呼吸器系、消化器系などの症状が出たら、救急外来を受診してください。

食物アレルギーの検査方法

食物アレルギーの診断には、 血液検査や皮膚テスト (皮膚に少し傷をつけてそこに食べ物のたんぱく質をつける)などを行いますが、これらの検査によりある食べ物が疑われても、 必ずしもその食べ物が原因ではないこともよくあります 。実際、0歳児では、血液検査で食物アレルギーに関係が深いIgE抗体は約3割が陽性となりますが、食物アレルギーと診断されるのはそのうちの約3分の1程度です。

問題なのは、血液検査などの結果だけで、アレルギーの原因ではない食べ物を制限されて栄養が不足してしまう患者さんがいることで、本当に食べられないものは何かを正確に診断する必要があります。

最も正確に診断できるのは、実際にその食べ物を少量食べて様子をみる食物負荷試験です 。食物負荷試験は食物アレルギーに詳しい医師が入院設備のある施設で行うことが望ましく、この検査を受けられる医療機関は少しずつ増えています。食物アレルギー研究会のホームページ(http://www.foodallergy.jp)には、食物負荷試験を行っている医療機関の一覧が掲載されています。

食物アレルギーの治療方法

原因となる食べ物を食べないようにする のが最も良い方法です。しかし、小麦や卵など多くの食品に含まれているものでは完全に除去するのは難しい場合があり、非吸収性の抗アレルギー薬(クロモグリク酸など)を食前に服用して症状が出るのを防ぎます。
症状が出た時は、対症療法として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服し、湿疹の悪化にはステロイド外用薬を塗ります。
アナフィラキシーショック に対してはアドレナリンを筋肉内に注射します。患者さん自身が常に携行し、いつでも使用できるように作られた注射薬(エピペン)があります。