色覚異常の詳細

色覚とは  眼のなかで光を感受する網膜には、短・中・長波長の3種類の光を吸収する視物質をもつ錐体(すいたい)細胞があります。  外界から入る色の情報は、この3種類の錐体の相対的な活動性の違いとして感受...
 色の見え方の異常で、生まれつきのものは遺伝性です。男性では4〜6%、女性では0・4〜1・3%にみられるといわれ、軽症のものを含めるとたいへん多いことが知られています。  網膜には、赤、緑、青を認識す...

色覚異常の関連コラム

色覚異常と社会的生活

 正常色覚をもたない人は「色盲」と表現され、社会的には進学や雇用上の制約から差別の原因のひとつになっていました。近年、人権に対する意識の向上によって社会的制約が次々撤廃されつつあり、その流れのなかで「色盲」という表現が使われず、代わりに「色...

続きを読む

色覚異常関連のニュース

色覚異常関連リンク

goo検索で調べよう

色覚異常とは、色の見え方の異常で、生まれつきのものは遺伝性です。男性では4〜6%、女性では0・4〜1・3%にみられるといわれ、軽症のものを含めるとたいへん多いことが知られています。

網膜には、赤、緑、青を認識する3種類の細胞(錐体)があります。圧倒的に多いのが、赤と緑の色覚異常です。今まで色覚異常は、全色盲、色盲、色弱と呼ばれていましたが、現在ではそれぞれ1色覚(錐体が1種類しかないもの)、2色覚(錐体が2種類しかないもの)、異常3色覚(3つの錐体のうち、1種類が正常でないもの)といいます。生まれつきの色覚異常は、程度にかなり差がありますが、進行することはありません。