急性灰白髄炎,ポリオ,ポリオ様疾患の詳細

 脊髄(せきずい)の運動神経細胞(前角(ぜんかく)細胞)が破壊されて左右非対称性の麻痺を残す病気です。現在では世界中の一部の地域を除いてポリオワクチンによる抑制に成功し、まれにワクチンの副作用としての...
 急性灰白髄炎(ポリオ)は、ポリオウイルスの中枢神経組織への感染によって引き起こされる急性ウイルス感染症で、一般的には小児麻痺(しょうにまひ)としてよく知られています。ポリオウイルスはエンテロウイルス...

急性灰白髄炎,ポリオ,ポリオ様疾患の関連コラム

ポリオ

急性灰白髄炎とも呼ばれ、一般的には小児麻痺(しょうにまひ)として知られている。ポリオウイルスによって起こる感染症で、人から人へとうつる。xxウイルスxxは口から入って主に腸管で増殖し、便中に排泄される。感染してもほとんどの人は無症状かかぜの...

続きを読む

急性灰白髄炎,ポリオ,ポリオ様疾患関連リンク

goo検索で調べよう

ポリオ(急性灰白髄炎)とは、ポリオウイルスによる感染症です。経口感染し、潜伏期間は3〜21日(多くは1〜2週間)です。 脊髄(せきずい)の運動神経細胞(前角(ぜんかく)細胞)が破壊されて左右非対称性の麻痺を残す病気です。現在では世界中の一部の地域を除いてポリオワクチンによる抑制に成功し、まれにワクチンの副作用としてのポリオ様麻痺の報告があるだけです。