先天性甲状腺機能低下症,クレチン症の詳細

 生まれつき甲状腺のはたらきが弱い病気で、重症から軽症まで症状の出方はさまざまです。発生頻度は出生児3000〜5000人に1人と推測されています。
 生まれつき甲状腺が十分に形成されなかったり、甲状腺ホルモンを合成する過程に先天性の異常があったりして、甲状腺ホルモンが不足する病気です。

先天性甲状腺機能低下症,クレチン症関連リンク

goo検索で調べよう

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは、生まれつき甲状腺のはたらきが弱い病気で、重症から軽症まで症状の出方はさまざまです。発生頻度は出生児3000〜5000人に1人と推測されています。