典型的なものは、口のなかの舌と下顎の間の部分(口腔底)に唾液のたまった袋(嚢胞(のうほう))ができ、はれる病気です。時には唾液のたまりが口腔底ではなく顎下部(がっかぶ)に生じ、下顎の下外側の皮膚側がはれることもあります。透明感のある半球状のふくらみで、ガマガエルののどに似ているのでがま腫と呼びます。

ラヌラ,がま腫の詳細

 舌下(ぜっか)部、口底部に生じた貯留嚢胞(ちょりゅうのうほう)をいいます。透明感のある半球状のふくらみで、ガマガエルののどに似ているのでがま腫と呼びます。
 典型的なものは、口腔底(こうくうてい)(口のなかの舌と下顎の間の部分)に唾液(だえき)のたまった袋(嚢胞(のうほう))ができ、はれる病気です。時には唾液のたまりが口腔底ではなく顎下部(がっかぶ)に生...

ラヌラ,がま腫関連リンク

goo検索で調べよう