未熟児網膜症の詳細

 未熟児網膜症(ROP)は発達中の未熟な網膜血管に起こる血管増殖性病変で、重症例では網膜剥離(もうまくはくり)となり重度の視力障害を生じます。
 未熟児に起こる網膜血管病変です。重症例では、網膜剥離(もうまくはくり)を起こして失明に至ることもあります。未熟児の医学的管理が向上したため、一時期に比べれば減少しているようです。

未熟児網膜症関連リンク

goo検索で調べよう

早期産、低出生体重児に起こる網膜血管病変です。重症例では、網膜剥離(もうまくはくり)を起こして失明に至ることもあります。未熟児の医学的管理が向上したため、一時期に比べれば減少しているようです。