乾癬性関節炎の詳細

 皮膚の病気である乾癬(かんせん)に合併して起こる関節炎です。関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマトイド因子は陰性で、血清反応陰性脊椎(けっせいはんのういんせいせきつい)関節炎という疾患グルー...
 基本は乾癬(かんせん)という特徴的な皮膚症状があり、さらに関節リウマチ(RA、リウマチ)に似ていたり、いわゆるリウマトイド因子陰性の脊椎(せきつい)関節症に似ていたり、もしくはその両者が混在したかの...

乾癬性関節炎関連リンク

goo検索で調べよう

乾癬性関節炎とは、皮膚の病気である乾癬(かんせん)に合併して起こる関節炎です。関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマトイド因子は陰性で、血清反応陰性脊椎(けっせいはんのういんせいせきつい)関節炎という疾患グループのなかに含まれます。
この病気は、すべての人種にみられますが、やや欧米の白人に高い傾向が報告されています。30〜50歳で発症し、ゆっくり進行します。発症に男女差はほとんどありません。